ダイソン【Dyson V7 Fluffy】コードレス掃除機レビュー!購入の前に!

ダイソン【Dyson V7 Fluffy】コードレス掃除機 一人暮らしの家電

スティッククリーナーを買う前に確認したい

以上のように、買って大満足のDyson V7 Fluffy。

しかし、ご自宅の床の状況や、使う人の筋力によっては、買う前に気を付けていただきたいことがあります。あくまでも私の感想ではありますが、買う前に一度確認してほしい項目です。

重さに注意

ダイソンのコードレスクリーナーは、初めからついているブラシが大きくしっかりしているも特徴のひとつです。ブラシの種類はモデルによって異なります。このサイズと重さは、吸引力を高めるために必要なのだと思いますが。

Dyson V7 Fluffyの重さは全体では約2.1kg。ブラシだけの重さを計ってみたところ762g。実に500mlのペットボトル1.5本分です。

しかも、先端にその重さがついていると考えると、持った時に感じる重さはそれ以上になりますね。

一度持ち上げたり、方向を変えたりと、動かしているときには肩から手首にかけて大きな負担がかかります。特に、手首を使って動かしてしまうと、手首を痛めてしまう危険もあるので注意して下さい。

実際に持ってみると、たしかにずっしりと重さを感じます。私は気にならなかったのですが、レビューを見ていると「重たくて使えない」という意見も見かけますし、手首が弱い人、腕力に自信がない人、重たい掃除機が苦手な人には向いていない可能性があります。一度、実機を持って動かしてみることをおすすめします。

重さが気になる人は、国産メーカーで人気があるシャープのRACTIVE Airなども選択肢に入れてみてもよいかもしれません。

部屋にジョイントマットを敷いている

我が家は、居間にジョイントマットを敷いています。こどもが走り回っても滑って転ばないよう、小さな凹凸のノンスリップ加工が施されている厚手のタイプを選びました。居間は食事をする場所でもあり、一番いる時間が長いので、家の中では一番汚れがたまる場所ですね。

Dyson V7 Fluffyを購入後、はじめて掃除をしたときのことです。他の部屋(フローリング)では、快適に使えたV7。居間(ジョイントマット)に移動して使ってみたところ。

…なんと。

進みにくいのです。進もうとすると、摩擦がグググっと、ものすごく邪魔をします。力をかけないと前に進みません。ノンスリップ加工が仇となり進まないのでした。

ですので、滑りにくいジョイントマットを敷いている人は気を付けてください。アタッチメントを変えれば大丈夫かもしれなかったのですが、私なりの解決策が見つかったので、次の項でご紹介しますね。

SV11FFとSV11FF2の違い

Dyson V7 FluffyはSV11FF2の方が新しい型番です。

機能面などはほぼ変わらないマイナーチェンジのようです。

違いは、FF2になって付属品としてミニソフトブラシが付属になったことぐらいです。

ミニソフトブラシは単品でも購入できます。

【おまけ】ポールを外して、ハンディ型にしてみたら、意外と使い勝手がよかった

前述の通り、一番掃除をしたかった居間に敷いたジョイントマットのおかげで、力を入れなければ進まない現象に陥ってしまいました。「コードレス最高!」から、テンションは急降下です。

しかし、買ってしまった以上使うしかありません。ジョイントマットもまだこのまま使いたい。

よく観察してみると、どうやらマットとブラシが接している、プラスチックの部分が干渉して進みにくいようです。少し浮かして隙間を作ってみるとスイスイ進みます。この状態でも、ゴミを吸うことはできました。

しかし、少し浮かしたまま掃除機をかけるのは、ある意味筋トレのようなものです。二の腕がプルプルするので、さすがにこの方法は無理でした。

次は、掃除機を寝かせて地面との角度を低くしてみました。この方法なら大丈夫なようです。しかし、この低い位置から動かすと、掃除機が長いことによる操作性の低下が気になります。

ということで、ポールを外しハンディタイプにしてみました。そうすれば、操作性も悪くなく、摩擦もそれほど感じません。結局、他の部屋もこのままのハンディタイプで掃除することにしました。

ハンディタイプにしたことで収納時にもコンパクトになり、結果オーライでした。立ったまま掃除機をかけたい人には向いていませんが、収納場所をコンパクトにしたい場合は、この方法もおすすめです。

個人的には床のゴミも良く見えるので、ハンディタイプも割と気に入っています。

コードレス掃除機まとめ

コードレス掃除機に買い替えたところ、予想以上に掃除のストレスから解放されました。

今まで見て見ぬふりをしてきた、小さなゴミや髪の毛などを、サッと吸い取ることができるのが何より素晴らしいと感じています。毎日すっきりした空間で生活できるのは、とても気持ちのよいことですね。

コードレス掃除機は、忙しい人にも、掃除が苦手な人にも、きれい好きな人にも自信をもっておすすめしたい商品です。

どの機種を買うかは、使う人のライフスタイルにも影響されると思います。購入前、購入後のポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

>>スティッククリーナーの売れ筋ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました