【エアコン以外の暖房器具】アパートやマンション、賃貸で使えるのは?

エアコン以外の暖房器具 一人暮らしの家電

暑い夏が終わり、気候のよい秋は、なんだかあっという間に過ぎていく気がします。

寒くなってくると考えるのは、暖房のこと。風邪対策や乾燥が苦手という理由で、エアコン以外を使いたいという人も多いのではないでしょうか。

エアコン以外の暖房器具はどんなものがあるのか、それぞれの暖房機器の特徴をみていきましょう。

スポンサーリンク

暖房器具の種類はややこしい

家電量販店に行くと、色々な種類のストーブがずらっと並んでいます。灯油やガス、電気ストーブに至っては、遠赤外線、パネルヒーター、ハロゲンヒーター…など。店によっては分類の表記も異なるので、どれがどのような種類なのか、わからなくなるほど複雑なラインナップです。

ややこしくなりがちな暖房機器を、主に熱源と暖房機能の違いで分類し、それぞれの性能、特徴をご紹介していきます。

FF式ストーブは後付は出来ない

各ストーブの説明に入る前に、FF式ストーブとは何かを知っておくとよいでしょう。

燃焼に必要な空気は給排気筒から室外の空気を給気をし、燃焼後の燃焼ガスは給排気筒から室外に排気します。暖房中もお部屋の空気を汚さず、換気の手間がありません。

FF式ストーブとはどのようなストーブですか?

参照:TOYOTOMIホームページ FF式ストーブとはどのようなストーブですか?

換気が必要ないので、効率的に室内を暖めることができるFF式。

基本的に賃貸物件では、自分で設置はできず、もともと部屋に備え付けてあるものを使うことになります。FF式は、入居者が後付けで用意することはできません。

使うためには、ガスや灯油を部屋に引き込んだり、給排気の設備が必要になるので、これらの設備が必要なことがその理由です。

ですので、家電量販店に売っているFF式ストーブを買っても、工事をしない限り、自分では設置することはできません。

電気ストーブを除いた、FF式以外のでは定期的な換気が必要になるため、雪が積もるような寒い地域では、FF式のストーブが設置されている比率が高くなっています。

ガスストーブ

ガスを熱源とするストーブです。

自分で購入して設置できるガスストーブは、小型のカセットガスタイプのみになります。

FF式のガスストーブは、お使いのガス会社の設定料金によっては、かなりリーズナブルに使うこともできますが、反対に、設置してあるストーブを使わずに、他のストーブ機器を使うほうがお得な場合もあります。

これは、契約しているガス会社の料金によって差が出てくるので、部屋にガスストーブが設置してある場合は、冬になる前に、料金を確認した方がよいでしょう。

都市ガス、プロパンガス、LPガスの違いは?賃貸物件のガス料金は高い?
部屋の暖房、給湯や料理と生活に身近なガス。 家探しをするときに家賃を気にしない人は少ないですが、ガス料金は気にしていますか? 実際に入居したあとの請求書を見て、ガス料金の金額に驚いた人も少なくないと思います。 ここでは、賃貸物件に住む...

カセットガスを使うタイプのストーブの使用可能時間は、だいたい缶1本で約2時間程度。スポット的に使うのであれば良いかもしれませんが、部屋全体を暖めるための暖房器具として、日常的に使うのは非現実的でしょう。

カセットガス式のストーブは点火に電気も使わないですし、停電時などの非常用一台あると便利かもしれません。

【防災用品】停電の体験をもとにした必要なアイテムはこれ!
実際の体験をもとに、災害による停電時に役立つアイテムについて書いてみました。防災リュックの中身やグッズの選び方などをご紹介しています。一番は、どのように電源を確保するかと、いかにスマートフォンのバッテリーを減らさないかがポイントになります。

灯油ストーブ

賃貸物件の自分で追加できるストーブの中で、抜群の暖かさを誇るのが、灯油ストーブ。

しかし、火を使うことによる安全性や、FF式以外では、定期的な換気が必要なこと、就寝時には使えないのことが、灯油ストーブのデメリットです。ペットを飼っていたり、就寝時に使う場合は灯油ストーブは避けましょう。

また、灯油の独特の臭いもあるので、苦手な人は気を付けてください。

灯油ストーブは、燃焼するときに水を発生させるので、乾燥対策にもなります

反射式

反射板を設置し、輻射熱で部屋を暖めます。空気を暖めるファンヒーターや対流式とは違って、床や壁を暖めることによって、柔らかな暖かさを生み出します

暖める方向は、ストーブの前方と上部なので、壁につけて使う方法が一般的です。

近くを暖める能力は高いですが、熱が届かない場所はあまり暖まらずに、場所による温度差ができてしまうという欠点もあります。

対流式

ストーブの中心で灯油を燃料として火を起こし、空気を対流させることで部屋を暖めます。これは、暖められた空気が上にいくことを利用して、対流を起こすという仕組みです。

昔の駅や学校などにある丸いストーブ、上にやかんが乗っているストーブをイメージすると、わかりやすいと思います。部屋の中心に置いて、ストーブの周りをじんわりと暖めてくれます

構造がシンプルなので、故障のリスクが低いのも特徴です。

定期的な芯交換が必要なのと、給油タンクが本体と一体化しているので、灯油を補給するときにはより注意が必要です。

ファンヒーター

灯油ファンヒーターは、灯油を燃やした暖めた空気を、ファンを使って室内に送風することで、部屋を効率的に暖めます。

点火後からすぐにファンで温風を送り出すことができるので、すぐに部屋を暖められるのが特徴です。広めの部屋を全体的に暖めたい場合にも向いています。

しかし、ドライヤーのように、暖かい風に直接当たる場合は、喉や肌が乾燥しやすくなります。乾燥が気になる人は、送風タイプではないものを選ぶとよいでしょう。

電気ストーブ

電気の力で発熱体をあたためる仕組みなのが電気ストーブです。灯油やガスに比べると、直接火を使わない分、安全性に優れているといえます。

部屋全体を暖めるのは苦手なので、あくまで補助的に使用する方法がよいでしょう。

電気ストーブという言葉を厳密に使うと、電気を熱源にするものは全て当てはまるため、オイルヒーターもホットカーペツトもこたつも電気ストーブに含まれます。しかし、これらは、ストーブの名前として一般的に普及しているので、別項目でご紹介します。

ニクロム線(石英管)電気ストーブ

石英管の中にニクロム線を設置したものを発熱体としています。輻射熱を利用して、主にストーブの正面を暖めます。価格もお手頃で構造もシンプルなのが特徴です。

デメリットは、消費電力のわりに暖まりにくいという難点もあります。

ハロゲンヒーター

ハロゲンランプを発熱体に使用しています。電球の一種なので、スイッチを付ければすぐに発熱してくれるのも特徴です。

暖炉の光は見ていても癒される明るさですが、ハロゲンヒーターはピカピカギラギラと光るので、眩しく感じてしまうこともあります。

カーボンヒーター

炭素繊維を発熱体とし、遠赤外線を放出します。空気ではなく、ものや人をじんわりと暖めてくれる機能に優れています。

消費電力は石英管ヒーター、ハロゲンヒーターよりは少なめですが、その分本体価格はやや高くなります。

グラファイトヒーター

カーボンヒーターの中でも、黒鉛のみを発熱体に採用しているのがグラファイトヒーターです。カーボンヒーターよりも暖かく、遠赤外線をより多く放出するため、体をポカポカにしてくれる効果に優れています。

カーボンヒーターの上位機種という位置づけなので、価格もその分高くなっています。

シーズヒーター

石英管を絶縁体で包んで、金属管で覆ったものを発熱体としています。金属で覆われている分、耐久性に優れいます

「コアヒート」など、覆っている金属管の素材によって、各メーカーが独自に採用している名称で売られている場合もあります。

暖まるまでやや時間がかかることと、価格が高めなのがデメリットではありますが、耐久性を考えると妥当な金額でもあるでしょう。

セラミックファンヒーター

電熱部(セラミック)を暖め、ファンで空気を送って、部屋全体を暖める仕組みです。他の電気ストーブに比べて、より大きな空間を暖めることはできますが、その分、電気もたくさん使います。

ドライヤーをイメージするとわかりやすいのですが、部屋全体を暖めるとなると、相当な電力を消費するのが欠点です。

オイルヒーター

容器内に密閉されたオイルをあたためて循環させることにより、ラジエーターフィンから放熱させる仕組みを利用しています。

暖まるまでに時間はかかりますが、一度暖まれば温度が下がりにくいのが特徴です。

気密性や断熱性に優れた家が多いヨーロッパを中心に普及してきましたが、最近では国内でも気密性や断熱性も重視されているという理由で、少しずつ取り入れる家庭も増えています。

安全性も高く、空気を汚さないので、赤ちゃんやお年寄り、ペットなどがいる家で使われることが増えています。

昔からの木造住宅のように密閉性が低い建物だと、なかなか暖まりにくいということ、本体が重たい、廃棄しにくいという難点もあります。

こたつ

電気ストーブのように、石英管やハロゲンヒーターを熱源としています。

布団や床により密閉された小さな空間を暖めるため、消費電力が少なくてよいことが最大のメリットです。

見た目だけでは作動していることがわかりにくいため、電源の切り忘れが発生しやすいのが難点です。

ホットカーペット

電熱線が織り込まれたカーペットで、足元を暖めてくれます。体を直接暖めるので、こたつと同様に少ない電力で暖をとることができます。

一方、上にものを置けなかったり、折り曲げられないなどの制約もあり、長時間使用による低温やけどの危険もあります。

タイトルとURLをコピーしました