【ユニットバスのカビ取りと対策】予防方法も紹介

一人暮らし便利グッズ

黒カビの掃除方法

しかし、たとえ予防をしていたとしても黒カビが生えてしまうことはあります。

もし黒カビが生えてしまったときは、どのようにして落とせばいいのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

カビ取り剤の上手な使い方

生えてしまった黒カビを落とすのには、やはりカビ用洗剤が有効です。

しかし、カビ用の洗剤の使い方には、ちょっとしたコツがあります。

間違った使い方をすると、洗剤の除菌効果が半減してしまう場合もあるので、必ず正しい手順で使用しましょう。

まず、カビ取り剤を使う前に、通常の風呂場用洗剤で、「シャンプーの汚れや、皮脂汚れ」を十分に洗い流しておきます。

そして、必ず風呂場が渇いた状態でカビ取り剤を使用すること。

風呂場のカビ部分に水分が残っていたりすると、洗剤が薄まってしまい、効果が半減してしまいます。

また、カビ用洗剤を使用するときは「こすらないこと」です。

風呂場の目地などに繁殖したカビは、こすってしまうと菌が奥に入り込み、さらに取れにくい状態になってしまいます。

こすらずに、洗剤をかけ5分ほど放置してから洗い流すようにしましょう。

それでも落ちなければラップを使う

発生してから時間がたってしまった黒カビは、普通にカビ用洗剤を使用するだけでは落ちない場合もあります。

そんなときは、「ラップ」と使った方法がおすすめです。

ラップを使ってカビを取る方法は以下、

  1. カビ部分にカビ用洗剤を吹きかける
  2. その上からラップを被せて密閉する
  3. 1日放置する
  4. 水で洗い流す

というもの。

ラップで密閉することによって、カビの繁殖に欠かない「空気」を無くしてしまうわけです。

1日置けば、大体の黒カビは落ちるはず。

カビ用洗剤は塩素系のものが多いので、使用の際には安全のため「マスクやメガネ」そして「換気」も忘れないようにしてください。

頑固な黒カビにはミョウバンか重曹

それでもカビが落ちない…という場合には「ミョウバン」「重曹」を使用し、カビを根こそぎ退治します。

ミョウバン

茄子の漬物に、色落ち防止剤としても使用されるミョウバン

実は、カビを落とすのにもかなり効果的です。

まずは、

  • ミョウバン30g
  • 水1ℓ

の割合で「ミョウバン水」を作ります。

ミョウバンはすぐには水に溶けないので、2日間冷蔵庫に入れて放置。

2日間置いて、水が無色透明になっていればできあがりです。

これを霧吹きなどに入れてお風呂場のカビ部分に吹きかけ、2~3時間放置してから水で流します。

たいていのカビは、これで綺麗になるはずです。

ミョウバン水を作るのが面倒な人は、デオドラント要にミョウバンのスプレー商品もあります。(割高にはなりますが)

重曹

最後にご紹介するのは、秘密兵器、「重曹」です。

研磨作用の強い重曹で、カビを根こそぎ剥がしてしまおうという作戦。

しかし、研磨作用が強いので、そのまま使うと壁やタイルが傷ついてしまう恐れもあります。

必ず水に溶かしてから使いましょう

分量は以下、

  • 重曹60g
  • ぬるま湯1ℓ

というもの。

重曹は冷たい水だと溶けないので、35~37度くらいのぬるま湯を使用してください。

また、できるだけお風呂場に傷がつく可能性を下げるため、重曹は「工業用」ではなく、粒子の細かい「食品用」を使用するようにしましょう。

使用方法は、以下

  1. 重曹水をカビ部分に吹きかける
  2. 2~3時間放置する
  3. 2~3時間後に要らなくなった歯ブラシでこする
  4. 水で流す

というもの。

洗剤で落ち切らなかったカビも、真っ白になること間違いなしです。

重曹のスプレー

カビは絶対予防しといたほうがいい

カビを落とす方法は多々ありますが、いずれにしても「時間」「お金」「労力」がかかってしまいます。

ですので、カビは発生する前に予防しておくのが全てということ。

他の汚れに関しても予防は大事ですが、カビは発生してしまったとき、他の汚れよりも落とすのが難しいものです。

日ごろの予防さえ怠らなければ、カビが生えてしまったときの手間を減らすことができますよ。

カビ対策まとめ

カビの予防法、頑固な黒カビを落とす方法についてご紹介しました。

お風呂は一日の疲れを癒す場所。

そんな場所がカビだらけだと、疲れも取れません

しっかりカビを予防をして、快適なバスタイムを送ってください。

タイトルとURLをコピーしました