一人暮らしで洗濯機ではなくコインランドリーを使うメリット4つ

一人暮らしの家電
22348639 - portrait of a man with laundry basket waiting to wash clothes

コインランドリーのお店・設置場所

インターネット、電話帳検索などでも探せますが、出て来るのは新しい店舗や大型店ばかり。

徒歩で行ける範囲で探すなら、近場で探したいものですね。

まず探したいのは銭湯。施設の数も多く、インターネットで簡単に検索できますし、ほぼ100%の確率でコインランドリーが併設されています。

た、クリーニング店が管理していることも多い為、その近所も探してみると良いでしょう。

ガソリンスタンド・コンビニ・パチンコ店に付帯施設として作られているものも増えてきましたが、郊外での話。

住宅密集地で探すなら、地道に足で探すか、地元の情報に詳しそうな商店で買い物をして聞いてみる、というのが一番と言えそうです。

洗濯物は、大きなランドリーバッグやスーパーのカゴで持ち運ぶのがオススメ。大きなショッピングバッグなら普段畳んでしまっておけるので省スペース派の人はこちらの方が良いでしょう。

乾いた衣類も量が多いと重たくなるので、丈夫で持ち運びしやすいものを選びましょう。

世の中にはゴミ袋に入れていく、という猛者もいます。
緊急措置としてはありかもしれませんが、破れやすい・中身が丸見えなのでご注意を。

コインランドリーの盗難・防犯について

コインランドリーを使用する上で、心配なのが盗難ですね。女性の下着は言うまでもなく、男性物の被害も報告されています。

最近ではICカード対応のコインランドリーも増えてきました。Suica対応コインロッカーと同じで、カード自体が鍵となるので効果的。
有人店舗も安心ですが、どちらもまだ普及していないのが現状です。

可能であれば、防犯カメラがついている店舗を選びましょう。

ただし、実際事件が起きてもカメラ映像だけでは犯人の特定は難しいようです。また防犯カメラのある店舗でも盗難の被害は少なくありません。

一番の防犯は、待ち時間にその場を離れないこと

盗まれるのは洗濯終了後の洗濯機と乾燥機の中。洗濯終了の時間は表示されるので、アラームをかけて終了前に機械の前にいるようにしましょう。また、乾燥中もその場にいることをオススメします。

「その場にいなければならない」と考えると負担ですが、読みかけの本や雑誌を持ってきて、珈琲片手に読書タイムとしてみるのはいかがでしょうか。

コインランドリーまとめ

普段使いというよりも、ポイントを押さえて使いこなしたいコインランドリー。
4つのメリットと4つのFAQをおさらい。

  1. コインランドリーの乾燥機は優秀。早い・きれい・気持ちいい。
  2. 大物洗濯はコインランドリーが得意。ただし洗えない布団もある。
  3. まとめ洗いもコインランドリーが得意。洗濯は任せて優雅な休日を楽しもう。
  4. 出張はコインランドリーを使用して身軽に。できるビジネスマン演出を。
  5. 使い方:家庭用洗濯機とほぼ同じ。容量ぎりぎりにすると節約になる。
  6. 料金:一人暮らし1週間分の衣類で500〜800円程。
  7. 場所:銭湯に併設。銭湯が遠い場合は近所で聞き込みすべし。
  8. 防犯:一番の対策はその場にいること。読書タイムと割り切る。

入り口には自動販売機があって、アルミサッシでガラスの引き戸、コンクリート打ちっぱなしの床。ゴンゴン鳴る洗濯機と乾燥機が並び、中央のベンチで暇そうなおじさんが少年マガジンを読みながら洗濯を待ってる。

だけじゃないのが、今のコインランドリー利用の形。

家庭洗濯とコインランドリーはそれぞれどちらも長所があります。
うまく使い分けて、清潔・快適な一人暮らしを楽しんでくださいね。

宅配クリーニングのメリット・デメリット|一人暮らしにもオススメ!
一人暮らしを始めて、家事には慣れても困りがちなのがクリーニング。 閉店は早いし、衣類もたまると意外に重い。休日はしっかり休みたい。 でも、しわくちゃのスーツは格好悪いし、大事な洋服は季節に1度はクリーニングしたい。 そんな人にオススメ...
タイトルとURLをコピーしました