食器洗いのストレスを減らすカギは【水切りかご】100均の水切りトレーがおすすめ!

【水切りかご】100均の水切りトレーが最強! 一人暮らし便利グッズ

水切りトレーの選び方

水切りトレーを選ぶとき、確認しておきたいポイントをご紹介します。

排水箇所を確認する

水切りトレーの排水場所は、中央またはサイドにあります。中央の場合は問題ありませんが、サイドにあるときは、排水がしっかりシンクに落ちてくれる位置にあるのか確認してみてくださいね。

容量を確認する

トレーの大きさによって、一度に乗せられる容量が変わります。かごのようにサイドには壁がないので、食器を積み過ぎると崩れる危険があります。一度にたくさん洗うという人は、余裕をもって大きめを選びましょう。

形状を確認する

ここが見極めが難しいところなのですが、水切りトレーは、「食器はすべらせずに、水はスムーズに流す」という絶妙な角度に設定されていす。ですが、プラスチック素材だと、角度がゆるめに設定されているものが多く、排水せずに残ってしまうものもあります。

水を流す溝があるのですが、この溝の形状によっても洗いやすいかどうかぎ変わってくるので、ぜひチェックてみてくださいね。

素材を確認する

洗いやすい水切りトレーの中でも、素材や形状によって洗いやすさは変わってきます。

素材は、プラスチックとシリコンが多く、洗いやすさを考えるとプラスチックがおすすめです。もちろんシリコンでもしっかり洗うことはできるので、水切りの甘さが気になる人は、シリコン素材にするとよいかもしれません。

 

ライフスタイル別、おすすめ水切りカゴ

水切りトレーが最強とお伝えしましたが、もちろんライフスタイルによっては、他の水切りトレーが向いている場合もあります。

気になるポイントは、人によって異なりますし、メリットとデメリットを理解した上で、よりストレスがたまりにくい種類を選びましょう。

それぞれのライフスタイル別で、おすすめののタイプをご紹介します。

自炊はしない。食器も少ない。トレーを拭くのも面倒くさい

シンクに引っかけるタイプがおすすめです。ふきんも使わずに、自然乾燥がでにます。定期的に、カゴが汚れていないかはチェックしてくださいね。

キッチンは常にすっきりと使いたい。ものを置くのが嫌い

水切りマットか水切りトレーがおすすめです。使ったら片づけることを習慣にすれば、常にキッチンがすっきり と使えて気持ちよいですよ。

気合いを入れて、鍋も食器も、まとめて一度に洗いたい

大きめの水切りかごと受け皿のタイプがおすすめです。食器を洗ったついでに、毎回かごも洗うようにすれば完璧ですね。

水切りカゴまとめ

以上のように、何にストレスを感じているか見極めて、できるだけベストな方法を探すことで、食器洗いも少しは楽しくなるのではないでしょうか。

  • スペース
  • 容量
  • 衛生面
  • 水切り具合

の4つのストレスのうち、何を一番に重要視しているのかを考えて、ライフスタイルに合わせた水切り方法を探してみてください。

>>Amazon水切りラックの売れ筋ランキングを見る

 

タイトルとURLをコピーしました