【窓の防犯対策】覗きや空き巣被害に合わないための予備知識と具体的な対処方

窓の防犯対策一人暮らしの防犯

室内を覗かれプライバシーを侵害される危険性が高いのは窓です。

具体的に室内で窓が設置されている場所や位置でどんな部分に注意すべきかをまとめます。

窓ガラスの種類がすりガラスの場合は基本的に防犯対策は十分ですので、透明のガラス部分だけ注意すればいいでしょう。

注意すべき窓の位置はここ

玄関前など人が通る部分

まずは玄関前など人通りがある面に位置した窓。

特にマンション・アパートなどの集合住宅では、玄関の前は不特定多数の人が行き来します。

そして、玄関の近くにキッチンやお風呂などの水周りが設置されている作りも多く、窓が設置されていることが多いです。

人通りに面して窓を開けてしまうと、中を覗く気がなくても見えてしまう状態です。

人が通る通路や道路に面した位置にある窓は、外部から見られないように注意する必要があります。

窓の位置が建物の裏になっている場合も注意

人が通らない建物の側面や裏側のベランダであれば大丈夫か?というとそうでもありません。

確かに人目にはつきにくいのですが、それは犯人にとっても同じ。

周囲に見つかりにくい状態で、何かしら悪いことが出来てしまう場所でもあります。

空き巣でもベランダから侵入するケースが多く、半数がベランダからの被害とも言われています。

普段人が通らない場所だからと言って安心は出来ません。

意図的に「入ろうと思えば入れる場所」であれば警戒するに越したことはありません。

2階以上の窓でも覗かれるか

最も被害のリスクが高いのは1階の部屋ですが、2階以上だからといって気を抜きすぎてもいけません。

他の建物から見える位置にあったり、登ったり、やりようによってはなんでも出来ます。

2階以上だからといってカーテンや窓の鍵を開けっ放しにすることなく、最低限の防犯意識は持っておいた方が懸命です。

被害に合いやすい時間帯や条件

夜間は注意

外から室内を覗こうとするのであれば、実行する時間帯は夜間になります。

正確に言えば「外が暗い時間帯」です。

単純に暗いところから明るいところを見ることは出来ますが、その逆は出来ないからです。

また、室内で明かりをつけていると、光が漏れ出す様子から覗くための隙間が有るかどうかがわかります。

例えば、カーテンの隙間から光が漏れていれば、そこには見通せる隙間や空間が出来ているということ。

これは暗い外から見るとわかりやすいのですが、室内にいる人間は気づきにくいです。

気になる人は、夜間に室内の電気をつけた状態で自宅を外から見てみた方がいいかもしれません。

物理的に窓に近づけるかどうか

外部から室内を覗こうとする場合は、覗ける隙間に近づく必要があります。

いくら窓に隙間があっても、窓の外が地上5階の空中だったり、崖や池だったり、隣の壁と近くて人間が入れない幅だったりしたら犯行は不可能です。

人に気づかれないかどうか

物理的に近寄れる作りかどうかと合わせて、室内の人や、周囲にバレないように近づける環境かどうかです。

極端な話、例えば街中のスターバックスの窓に近づいて外から見ていたら、店内の人にも外を歩く人にも気づかれます。

「なんか変な人がいる」と通報されるのがオチ。

  • 人が通らない位置
  • 人が通る頻度が少ない
  • 障害物があって周囲から見られない

こんな環境がそろっていれば覗くことが可能になってしまいます。

窓の種類や構造

基本的に窓がすりガラスであれば中を見ることはできません。

すりガラスを通して得られる情報は、何となくの色合いとシルエット程度なので、プライバシーを侵害されるレベルでは見えないでしょう。

セロハンテープですりガラスを透明に出来るという話もありますが、実際には不可能です。

Weird Tape Effect

セロハンテープによりガラスの凸凹が消えて透明になるという理屈です。

しかし、これが可能なのは目の細かいすりガラスだけです。

一般的に使用されるガラスはもっと凸凹が大きいものですので、セロハンテープ程度では変わりません。

また、テープをはるのはガラスの凸凹面です。

ガラスの凹凸面は室内側(内側)ですので、もし外から中を覗こうとした人がいたとしてもセロハンテープは貼れませんよね。

ということで、気をつけるべきは透明なガラスの場合のみです。

防犯のためにガラスを交換するのはコストが大きいので、防犯用フィルムを貼るなどの対応が現実的です。

これならすりガラスのようにモザイク化も出来ますし、ガラスを割れにくくするので、ガラスを破損させて侵入するタイプの犯罪にも効果的です。

窓ごしに覗かれる可能性のある部屋

風呂・脱衣所の窓

上に書いたようにすりガラスであれば問題ありません。

浴室に使用されるのはほぼほぼすりガラスでしょう。

窓のタイプによっては非施錠だと外から開けられてしまうこともありますので、入浴中は必ず窓をしめて鍵もかけておくのをおすすめします。

もし換気目的などで窓を空けることが多ければ、カーテンやブラインドなど目隠しになるものを設置するのがおすすめです

浴室に使用される窓は通常曇りガラスです。

曇りガラスだとどうやっても、ガラス越しに向こうを見通すことはできませんので、空いた状態の窓から覗くことになります。

空いている窓の隙間から覗く

暖かい季節になると窓を開けたままで入浴をする人もいるかもしれません。

人が近寄れる場所に窓が設置されている場合は、空いた窓から中を覗くことが出来てしまいます。

  • 人が近寄れる場所
  • 人が届く高さの窓

この場合は窓を閉じておいた方が良いでしょう。

特に入浴中はシャワーの音があったり、洗髪・洗顔中は目を閉じていたりしますので、覗かれたり盗撮されていることに気づきにくいです。

非施錠の窓を空ける

窓は閉じていても、鍵を施錠してなければ、外から開けることも可能です。

トイレの窓

自宅ではトイレを覗かれることはほぼないと思われます。

と言うのも、自宅にいてトイレに入っている時間は極わずかしかありません。

しかもタイミングも不規則なので狙って覗くことも難しいでしょう。

覗きや盗撮の被害があるとしたら、不特定多数の人が利用する施設のトイレです。

自宅のトイレはそこまで防犯対策をする優先度は高くないかなと感じています。

リビング・ベランダの窓

リビングやベランダからの覗くを防ぐための方法はカーテンです。

適切なサイズで、透けない素材のカーテンを使用することと、在宅中は隙間が開かないようにしっかりしめておきことです。

外から見ると案外隙間が空いて光が漏れていることも多いので、一度自分で外から確認してみるのも良いでしょう。

窓からの覗き・空き巣を防ぐ方法

カーテンで見通し線を消す

カーテンは物理的に見通せる隙間を消すのが目的です。

カーテンの長さ

窓のサイズに対してカーテンが足りているかどうか。

微妙にサイズが足りなかったりすると、カーテンの下に隙間が出来たり、横や左右のカーテンが合う中央部分に隙間が出来ます。

もし、隙間が出来てしまっているようであれば適切なカーテンにつけかえるか、隙間を埋める工夫をしましょう。

下の隙間であればダンボールかなにかを立てかければその場しのぎにはなります。

左右の隙間が出来ているようであれば、窓枠にカーテン両端をテープで貼るなどの対策ができます。

透けないミラーレースカーテン

カーテンを二重にする場合は、窓に近い薄い方のカーテンですね。

日中はある程度視界は防いで、光の明るさは通すようにできているのでそれはそれで問題ありません。

問題は夜間です。

室内が外より明るい状態だと、カーテンの素材によっては透けて見えてしまいます。

室内灯をつける前にかならず厚い方のカーテン(遮光カーテン)を閉めるように習慣づけをしましょう。

また、透け防止のミラーレースカーテンに付け替えれば、多少カーテンを閉め忘れても外から見えにくくなるのでより安心です。

カーテンをしっかり閉める

カーテンの使い方の問題です。

いくら防犯に適したカーテンを使っていても、しっかり閉めないと意味がありません。

  • 単純に閉め忘れ
  • 閉め方が中途半端
  • 窓の近くが散らかっていてカーテンが完全に閉まらない

雑な性格の人にありがちかもしれませんので注意しましょう。

在宅時や入浴中は窓を締めておく

入浴中や脱衣所での着替え中は可能な限り窓を閉じ鍵もかけておきましょう。

浴室を使用する前後で換気のために開け閉めすることもあるかと思いますが、開けるのは出来れば服を着た状態がよい。

例えば、窓を閉めて入浴していて、窓を開けてから浴室を出るような流れにしてしまうと、そのタイミングで被害に会う可能性もあります。

窓を開けた状態で目隠しがあれば完璧

入浴の前後に窓をあけるようなことがあるなら、窓とは別に目隠しとなるカーテンやブラインドを設置するのがおすすめです。

窓を閉じている状態のように完璧に防げるわけではありませんが、ただ窓を開けるのに比べるとだいぶマシでしょう。

特に窓をあけた状態で入浴したい人はかならず設置すべきです。

外に防犯カメラを設置

防犯カメラや防犯ライトは、自宅に近づかせないという目的で有効です。

もちろん何かあったときにカメラの映像が証拠として使えるという側面もありますが、主の目的としてはカメラがあることで犯行を思いとどまらせ未然に防ぐことです。

基本的にはセキュリティがしっかりしている家には近づきませんので、「カメラついてますよ」とわかるように設置しておくと有効です。

「人目があるところでは悪いことはできない」という心理を利用し、実際にはカメラが無くても「監視カメラ作動中」というステッカーだけはっている建物もたくさんあります。

実際にカメラやライトを設置できるのが理想ですが、コストをかけたくない場合はステッカーでも一定の効果は見込めます。

防犯砂利をしくと足音がわかる

建物の周囲に砂利をしく方法。

歩くとジャリジャリと足音がするので、特に周りが静かな夜間だと目立ちます。

この砂利の上を足音を立てないように歩くのは不可能なので、防犯抑止に有効です。

ただ、あくまでも家の中にいる人が「外を誰かが歩いている」と音でわかるものです。

周辺の人にとってはただ人が砂利の上を歩いているだけの光景ですので、留守中の空き巣などを防げるものではありません。

マンションなどの集合住宅の場合は、本来は物件のオーナーが取り組むものです。

共用部に砂利をまくことになるので、防犯砂利をしいてもらえるように依頼してもいいかもしれません。

わざわざ入居者がお金をかけて建物の防犯設備を整えるのもおかしいですよね。

ペットがいると心強い

犬や猫を飼っている人は防犯にもとても役立ちます。

彼らは人間が気づかないようなかすかな気配にも気づきます。

犬だったら外に向かって吠えたり。

猫は吠えませんが、なんか窓の外を気にしていたり。

彼らが気にしてるのが虫なのか、犯人なのか、オバケのたぐいなのか分かりませんが、高性能な防犯センサーとして活躍してくれるでしょう。

ただ犬猫の性格にもよります。。

窓からの覗き対策まとめ

自分では問題ないと思っていても、実は外から見ると普通に中が見える状態になってしまっているのが一番怖いです。

一度外から自分の目で確認して、必要な部分を対処しておくと安心して暮らせます。

タイトルとURLをコピーしました