部屋探し・引越し・インテリアなどの一人暮らし情報

一人暮らしの季節

4140887_s

引越し

風水で見る引越しの日時・方角(吉方位)の決め方

投稿日:

4140887_s

新天地の引っ越しは今までの厄を落とし運気を呼び込むチャンスです。せっかくですからあなたに幸運をもたらしてくれる日時や方角を選んで引っ越すことが新生活の弾みになること間違いありません。

逆に、五黄殺をはじめとする不吉な方角に引っ越してしまうと運気を落としてしまいかねません。そこで今回は風水の観点からも最適な引っ越しをするための情報をご紹介します。 

引っ越しに良い日時・実用編 

急な事情変更もない限りは、引っ越しの数か月前には引っ越しの予定が決まります。それが進学でも就職でも、いつまでに引っ越すべきかの期日はある程度決まるはずです。無理のない引越しのためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか? 

引っ越しのために必要なことは、引っ越す場所・引っ越し会社・引っ越しの日時を段取りすることです。

引っ越す地域・場所は早い家庭や仕事の条件から比較的早めに決まると思います。

引っ越し会社については2~4月の間に忙しくなるので、その前に決めておくことがおすすめです。見積もりを比べる時間も取れるし、早い方が希望の日時の融通を利かせやすいからです。そこで、こちらも希望日を複数の日程で考えておくことが望ましいです。(特に土曜日が忙しく平日は空いている傾向があります) 

引っ越し会社を使わない場合でも、荷造りは速めにしておきましょう。最後は日時ですが、家具をセットし土地勘を身に着けるための余裕を持って決めると新生活のあとに困りません。遅くとも仕事や学校が始まる1週間前には引っ越しを完了させましょう。 

ここからは、風水と引っ越しについてご紹介します。風水を意識して引っ越しを行う方は少なくないのでそれを逆手にとって空いていそうな日を探すのも一つの手段です。 

風水とはどのような学問か? 

風水というのは中国で発祥した学問のひとつで、建物の位置によって運気を判断するためのものでした。水を得、風を防ぐような幸運を呼ぶ立地を導くことを目的としていて、地理学と呼ばれることもあったようです。本来の風水は理論が複雑で流派も分かれているので、一般人では本を読むのも精一杯です。 

日本ではその思想的背景もあり、色々な土地にまつわる占いをごちゃまぜにしたものを「風水」と呼んでいます。特に、道教(陰陽道)の影響を色濃く受けている点でも特徴的です。巷で起きている風水ブームはその流れにあるため本来の風水学とは全く関係のない情報が多くを占めています。 

要するに、日本で風水と呼ばれるものは「家や建物に関わる開運法」のすべてを指します。 

六曜からみる引っ越しの日時 

大安や仏滅といったカレンダーについている漢字は全部で6種類。これを六曜と言います。もとは中国発祥のものですが起源は分かっていません。一説ではあの諸葛亮孔明が開発したものと言われています。 

しかも、中世に日本へ伝来してから意味も解釈も変化していっているようで、仏滅はもともと物滅と表記されていました。陰陽道と深いつながりを持った暦法です。 

先勝 

先んずればすなわち勝つ日です。何事もすぐに行動すると幸運を呼びます。一般的には午前中の運気が良い反面、午後の運気が悪い日とされています。この日に引っ越す場合は午前にしましょう。 

友引 

凶事を共に引くことを意味する日で「共引」とされていました。本来は勝負事が引き分けになる日という意味しかなく、運気には関係ありません。しかし、日本では朝はよく、昼は悪く、夕方は最高の運気になると言われています。この日に引っ越す場合は夕方がベスト。 

先負 

本来は「将吉」という名称で吉日でした。しかし先負という名称になってから先んずれば負けるという解釈が後付けされたものです。午後の運気が良いので引っ越しもそれに合わせるのが吉です。 

大安 

大安は何かをするには最も良い日と言われています。お祝い事もよくこの日に行われますが、逆に何もせずに過ごすのが吉という説もあります。この日に引っ越しをするかしないかはあなた次第です。 

赤口 

赤い口と言われるとなかなかイメージが付きづらいですね。これは陰陽道における赤舌神に関わる赤舌日に由来し不吉な日と言われています。この日に引っ越しをするのはお勧めできません。また、祝い事も行わない方が良いとされています。 

仏滅 

仏滅は悪い日と知られていますが、決して仏様に関わるものではありません。もともとは全てが空しいという意味で「虚空」と呼ばれていました、さらに物滅となり、今の仏滅の字があてられています。この日は引っ越しの需要も少なく料金が安めに設定されている会社もあります。 

九星気学からみる引っ越しの方角。 

九星気学というのは中国の九星術をベースに日本人が作ったものです。こちらは生まれの年や、今の年月からあなたにとって良い方角とよくない方角を導き出すことができます。 

まず、九星は以下の名前がついています。 

  • 【一白水星】
  • 【二黒土星】
  • 【三碧木星】
  • 【四緑木星】
  • 【五黄土星】
  • 【六白金星】
  • 【七赤金星】
  • 【七赤金星】
  • 【八白土星】
  • 【九紫火星】 

吉方位をチェックできるサイトやアプリもあります。

参考→http://fusuihoui.jp/

そして、気学の見地から五台凶方位を意識すると良いとされています。こちらも、その時によって場所が変わるのでその都度チェックしましょう。

参考→http://www.reizan-fusui.jp/hikoshi.html 

五黄殺 

五黄殺は五黄土星が位置する方位でどの星を持つ方にとっても悪い運気の方角です。運気の低下だけでなく災いや病さえも引き寄せる方角です。 

暗剣殺 

暗剣殺もすべての人にとって悪い運気をもたらす方角です。人間関係でトラブルになったり他人のトラブルに巻き込まれたりしやすくなります。 

歳破 

歳破もすべての人にとっての凶方位で、物事を成し遂げるのが難しくなります。単純に運気が衰える点でもよくない方角です。 

本命殺 

本命殺は健康面への悪影響を与える方角。生まれの星によってそれぞれ方角を持ちます。 

本命的殺 

本命的殺は新郎など精神面への悪影響を与える方角です。こちらも生まれの星によって方角が異なります。 

もし、これらの方角へ引っ越すときは一度別の方角で宿泊してから引っ越すことが望ましいです。これを方違えといい、3か月程度の仮住まいが求められます。 

難しい場合は神社で方位除けというお祓いをしてもらいましょう。これだけでも方角がもたらす悪いエネルギーを弱めることができます。 

 

-引越し

Copyright© 一人暮らしの季節 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.