炊飯器がいらない生活|土鍋やフライパンでもおいしいご飯が炊ける

炊飯器は必要? 一人暮らし便利グッズ

炊飯におすすめの鍋

ご飯を炊くときはどんな鍋を使えばよいのでしょうか。極論を言えば、米と水が入って蓋が設置できれば、どのような鍋でも炊飯はできます。

名称は重複する場合もありますが、ご飯を炊くのに適した鍋は「ご飯鍋」「土鍋」「文化鍋」がおすすめ。それぞれ、使い勝手がよいものをいくつかご紹介していきます。

ご飯鍋

ご飯を炊くことを目的に開発された鍋です。もちろんご飯以外にも使うことができます。

ご飯鍋と呼ばれていても、素材は陶器だったり金属だったりと、実際は土鍋や文化鍋と同じくくりで呼ばれる場合もあります。

ご飯が炊きやすいように、吹きこぼれがしにくい形状をしていたり、内側に目盛りが入っていたりと、炊飯するのに使い勝手がよい工夫がされているのが特徴です。

ご飯鍋売れ筋ランキング

 

土鍋

主に陶器として、土をこねて焼いた鍋のことを土鍋といいます。

加熱すると火が柔らかく入り、保温にも優れているので、炊飯はもちろん、煮込み料理などにも適しています。

金属製の鍋に比べると、衝撃や急激な温度の変化に弱いというデメリットもあります。

とはいえ、土鍋は価格も手ごろでサイズも豊富。「まずは、鍋で炊いたおいしいご飯を試してみたい」という人におすすめです。

土鍋売れ筋ランキング

 

文化鍋

文化鍋とは、アルミニウム合金を使用した、やや深めの鍋のこと。炊飯に適した蓋の形が特徴的で、鍋の内側に収まるような形状をしているので、沸騰してもふきこぼれしにくい構造になっています。

昭和のかまどを使った炊飯から、ガスレンジ普及の流れに合わせて、家庭でも広く使われるようになりました。のちに炊飯器が登場するまでは、よく使われていた炊飯方法です。

フライパン

急に、ご飯を炊かなければいけない状況になったときでも、フライパンがあれば大丈夫です。基本的には、土鍋や文化鍋と同じ方法で炊くことができます。

ただ、側面の高さがない分、ふきこぼれには注意しましょう。フライパンでご飯を炊く場合は、すぐに火を弱められるように、加熱時の状態をしっかり観察することが重要です。

また、蓋がなくてもアルミホイルを蓋の形と同じように丸く成形したものでも代用可能です。

フライパン売れ筋ランキング

 

鍋を使ったご飯の炊き方

おいしくご飯を炊くことができる、基本のレシピをご紹介します。

ご飯の炊き加減は、鍋とコンロの状態、季節や気温にも左右されるので、実際にはこのレシピを基本にして、火力や時間など微調整しましょう。

そして、こちらはあくまでも理想の方法です。現実では、普段の手間と相談しながら、やりやすい方法でアレンジしてみてくださいね。

洗米

大きめのボウルにたっぷりの水を張って、米を入れます。できるだけ短時間でさっと洗い、一度水を捨てます。

米は乾燥しているため、水に触れた瞬間から吸水が始まります。米の表面についたヌカが、水分中に溶けだしているので、できるだけ短時間で洗うのがポイントです。

その後、水を換えて3~5回洗います。

最近では、精米技術が発達しているので、ごしごし擦って洗うところまでは必要ないと言われています。また、水が透明にならなくても、3~5回軽く洗えば大丈夫です。反対に、強く洗いすぎると米の旨味成分も失われてしまうので、注意が必要です。

おいしさにとことんこだわるのであれば、洗米の1回目と2回目の水、浸水用の水は、ミネラルウォーターを使うと、よりおいしく炊くことができます。

吸水

洗米が終わったら、一度ザルに上げて水を切ります。水の量は、1合につき200ml、3合なら600mlです。

夏場30分~1時間、冬場は1時間~2時間浸水させます。多少長くなる分には問題ありませんが、浸水が足りないと、芯が残ったり、パサパサな炊きあがりになってしまいます。

時間がなくても、浸水時間はしっかり守ってください。

また、洗米、吸水はできるだけ冷たい水で行ってください。これは、細菌などの発生を防ぎ、米の鮮度を保つために大事なポイントです。加熱時に冷たい水から行うと、温度差によりさらに炊きあがりがおいしくなるメリットもあります。

加熱

蓋をして中火にかけて、沸騰するまでそのまま加熱します。ポイントは、沸騰するまで約10分の火加減で行うことです。

沸騰までにかかる時間は、米の状態やコンロの火力によって異なるので、ベストな火加減を探してみてください。加熱から蒸らしが終わるまでは、蓋は空けないようにしましょう。

沸騰したら火を弱火にして、10分~15分。完全に水分がなくなればオッケーです。ここで加熱は完了です。

ちなみに、中火、弱火、蒸らしをそれぞれ10分で覚えると簡単です。

蒸らし

最後に10分間蒸らしたら完成です。蒸らしが完了するまで、蓋を空けてはいけません。

蒸らしが終わったら、しゃもじで切るようにしてふわっとご飯を混ぜます。

できれば、おひつに入れて冷ますのが理想です。

炊飯器を持たない暮らしまとめ

手軽においしいご飯を炊くには、鍋がおすすめです。鍋を使って、おいしいご飯を炊くポイントは、

  1. さっと洗米
  2. 水の量はきっちり計る
  3. 浸水時間は夏30分、冬1時間
  4. 中火、弱火、蒸らしを各10分

鍋で炊いたご飯は、本当においしいです。ぜひとも一度試してみてください。

パーティもおうちデートも!土鍋の選び方とお手入れ方法
友人と恋人と、寒い時期に囲みたいものと言えば、そう、鍋ですね。 鍋料理自体はお手軽ですが、問題なのは、縁の下の力持ち、土鍋の選び方。 手入れも面倒臭そうで、少し敷居の高い土鍋。100円から1万円超えと値段の幅が大きく、何を基準に選べばい...
タイトルとURLをコピーしました