部屋探し・引越し・インテリアなどの一人暮らし情報

一人暮らしの季節

42675103_s

お金・節約

一人暮らしの食費(エンゲル係数)の平均と節約方法

更新日:

42675103_s

一人暮らしをすると、自分の身の回りのことはすべて自分のお金で払うことになります。

実家ではほとんどかからなかった家賃・食費・光熱費など、普段の生活にどれだけお金が必要なのかを初めて知る機会になるのも一人暮らしではないかと思います。

今回は毎日の生活に深くかかわる食費について取り上げます。友達・知人の「家賃」は知っていても「食費」は知らない場合が多いと思いますので参考にどうぞ。

高い?安い?みんなの食費はこうなっていた。 

食費を考えるうえで気になることは「この食費で生活が成り立つのか」という点があると思います。

さらに、「みんなと金銭感覚がかけ離れていないか」もとても知りたい点ではないでしょうか?平均を知ると「このくらいを守っていけば生活は安心」を持つことができ、一つの基準を作れるでしょう。

年収と所費の関係(エンゲル係数)

総務省の統計によりますと、一人暮らしでかける食費はひと月で3万8000円ほどですが、所得が高い人も含まれているので、一般的には3万円ほどでしょう。学生の場合はもっと低くなることが予想されます。つまり、平均の食費は平均の年収で決まるものと考えていいでしょう。 

そこで、私たちが参考にすべきは、エンゲル係数です。エンゲル係数とは支出に置ける食費の割合で実際の平均は23%前後です。また、「あさイチ」で紹介されたファイナンシャルプランナーの横山光昭さんによると手取りの15~16%で食費を修めることが理想としてます。

手取り15%の食費なので、税金や保険料をすべて引かれたうえでの金額を基に計算します。 

そうすると、一般的な食費である3万円は手取り20万円によってもたらされます。これを年収に換算(ボーナス含む)するとおおよそ360万円あたりです。年収360万円で月3万円と考えると、そうやすやすと外食できないことが分かります。 

学生と社会人の食費の違い

では、学生場合はどうでしょう。社会人の場合も学生の場合も収入の15%が理想ですが、学生なら仕送りとアルバイト代が収入となります。

平均の食費はおよそ2万5000円で、仕送りやバイト代の平均が計11万円ほどであることを考えると、ちょっと多めと言えます。当然のことながら学生にも収入格差はありますし、自炊をしたり学食を用いたりすることで食費を安く済ませることができます。

アルバイトの予定が立たなかったり学業が忙しくなったりしそうなときは、食費を2万円以内、1万5000円以内と、無理のない範囲で減らしていきましょう。 

食費を節約する  

食費が平均より少なくて、もっと食事の質をあげたいと思う場合は食費をかけてOK。食事の質をあげなくても大丈夫なら、今まで通り好きなことや貯金に回すといいでしょう。

逆に、平均よりも多く減らす必要性を感じているのであれば、食生活を根本から見直すことが求められます。そもそも、あなたが食費を節約する理由は何ですか?お金を使う目的を定めた方が、節約もうまく長続きできます。

「食費」は節約可能な費用

生活費を節約するうえで「食費」がターゲットになるのは「操作可能で、切り詰めやすいから」だと思います。

他のものですと出費をする・しないの二択になったり、固定費で決まってしまっているのに対し、食費の場合は一日当たりの費用の調整で1か月分の節約が見込めます。たとえば、月の食費が2万4000円だとしたら1日当たり800円。3食食べるとしたら1食260円、2食であれば1食400円です。

もし、1食の値段を30円下げたとすると月で2700円の節約。50円下げたとすると、月で4500円の節約になります。このお金を消費でも貯蓄でも良いので、どのように使うか考えることが食費を減らすカギです。  

食費を減らすコツ

食費を減らすためには1日いくら、1週間いくらという上限を細かく決めるとうまくいきやすいです。

人間は誘惑を正当化してしまう傾向があるため、1か月や数か月いくらと決めてしまうと「後で帳尻を合わせればいいや」と無駄遣いしてしまいます。スーパーでつい買いすぎてしまったり、ふらっとコンビニに立ち寄ってしまったり。

食費は安くしようと思えば1食200円でも100円でも可能です。これは、何か無駄遣いをしてしまうとすぐに1日分の食費に達してしまうことを意味します。 

本当は1日いくらと決められると良いのですが、まとめ買いの方が安上がりですし買い物コストも減るので3日~1週間でいくらと決めて食材を買うのがやりやすいです。  

最大限に食費を切り詰める方法 

最大減食費を切り詰めるためには、まず自炊が必須です。そもそも、惣菜や外食は人件費等が上乗せされているので、どうしても限界があります。自炊と言っても具体的にどうすればよいのかと思われるでしょう。慣れている方でしたら野菜中心の食生活に変えるだけでOKですし、あまり自炊をしないという場合はまずご飯を炊くことから始めましょう。 

食材を安くしても意外にいろいろできます 

毎日の食費を減らすということは、食事の量や質を変えるということで、場合によっては好きなものを食べられずうまくいかないという結末を迎えるでしょう。

一度、いくらでどのくらいの食事ができるのか考えてみます。 

たとえば、1食200円でできること。これを毎日続けると1万8000円以内になります。 

1食200円で使える材料 

  • 鶏胸肉100g 50円 
  • 玉ねぎ 小 30円 
  • もやし 一袋 30円 
  • キャベツ2~3枚 5~10円
  • ご飯1杯 40円 

けっこう適当に書いてみましたが、ここに調味料代や光熱費が加わることを考えても200円でそれなりの料理が作れそうです。

これはあくまで普通に買った時の値段なので、安売りの時を利用することや格安スーパーで購入することができればもっと安くすることや品数を増やすことも可能です。 

さらに値段を減らすと1食100円以下に抑えることも可能です。今ならネット上でレシピを観ながら作ることができるので自炊初心者でも安心です。「節約 レシピ」などを調べてみてください。

そして、限界まで食費を切り詰めたいのであれば、食物連鎖の関係上肉類をやめることです。肉より野菜の方が安く、たんぱく質に関しては大豆製品(豆腐やおから)から摂ることができます。動物性のものが食べたいと思ったら卵を使うことが最も安い選択肢と言えるでしょう。 

料理が面倒な時は 

どうしても料理が面倒だという場合は、フライパンひとつで完結する料理を作ることをおすすめします。たとえば炒めるだけの焼きそばを使えば順に材料を炒めていくだけで料理ができますし、1玉30円ほどです。

さらに、フライパンでご飯と食材を一緒に炊き、ピラフを作ることも簡単です。自炊をしない人はそもそも時間が取れないという場合が少なくないので、このような選択肢も持っておくといいでしょう。一般的なフライパンの大きさなら2~3食分を一気に作れます。 

節約と健康的な生活のバランス

いくら食費を切り詰めたとしても、そのせいで体調を崩し、生活に支障が出ては元も子もありませんよね。ですから、食費を減らすうえでは健康を損ねないことも考えないといけないのです。 

最も食費を切り詰める方法は空腹を我慢することです。1日1食ですまし、主食やもやしだけを食べればあっと驚くほど食費を減らせるでしょう。でも、これでは栄養が偏りますし、そもそも続けたいと思えませんよね。 

私たちの体は普段食べているものによって作られています。栄養バランスを整えながら食費を減らしていくことが長続きの秘訣と言えるでしょう。十分なカロリー、たんぱく質、ビタミンやミネラル。どれも私たちの体には欠かせないもので、これらが入っている食材を取らずして健康的な節約はありません。 

食事を変えると生活が変わる(まとめ) 

食事を変えることは生活を変えます。食費が多い方のほとんどは人よりたくさん食べていたり、食べなくてもよいものを好んで食べていることが予想されます。そのため、あなたの食事を健康的なものにするだけで、十分な節約はできるでしょう。ネットで検索してみるだけでも驚くほど多様なレシピがヒットします。 

確かに目標に向かって頑張ることは大切ですが、食事は心の満足のためにとるものだということを忘れないでくださいね。

-お金・節約

Copyright© 一人暮らしの季節 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.