料理が面倒でやる気が出ない理由は?モチベーションアップのコツはこれ

料理が面倒 一人暮らしブログ

料理のモチベーションを上げる方法

料理の技術を身につけること以前に大事なのは、料理がしたいという気持ちです。ここでは、具体的に料理のモチベーションを上げる方法についてご紹介していきます。

部屋を片づける

勉強や仕事と同じで、周りがごちゃごちゃしていると、モチベーションは上がりにくいです。

特に料理は、効率が命です。キッチンの整理の前に、まずは部屋を片づけましょう。料理をするしないに関わらず、すっきりと整理整頓された部屋に暮らすのは気持ちがよいものです。これだけでも、自然と料理に対するやる気が出てくるかもしれません。

キッチンを「好き」で囲む

好きなものに囲まれると、幸せな気持ちになれますよね。まずは、キッチン周りを好きな色でコーディネートしてみましょう。さらには、好きなキャラクターのアイテムを置いたり、壁に好きなアイドルの写真を貼ってもよいかもしれません。

とにかく、キッチンを居心地のよい空間に変えることで、料理のモチベーションをあげる作戦です。

手軽なキッチンアイテム

例えば、キッチンマットやタオル、スポンジなどは手軽に変えることができますね。なんとなく適当に選んだものではなく、しっかり考えて選んだアイテムには愛着もわきますし、気に入ったものに囲まれる満足感が、料理のモチベーションを高めてくれます。

こだわりの調理器具

美しいフォルムの調理器具や、伝統的な鍋など機能美に優れたアイテムは、眺めているだけでも良い気分になりますね。

調理器具以外でも、お皿やコップでも良いので、目に留まる場所や、料理の度に触れるものを、ワンランク上のこだわりのアイテムで揃えてみるのがおすすめです。

狭いキッチン対策

料理のモチベーションが上がらない理由が、狭いキッチンの場合は、狭いなりに快適な空間を作ることが大事です。

例えば、鍋でも大きめ深めのフライパンを選べば、焼いたり煮たり、麺類を茹でたりすることができます。

狭い調理スペースとシンクでの食器洗いにはストレスがたまります。そんなときには、場所をとらない水切りトレーが活躍してくれます。

>>おすすめの水切りトレーと選び方

 

人を招くor人に振る舞う

どうしてもやる気がでないときは、強制的に料理をする環境にすることをおすすめします。具体的には、友人を家に招いてパーティをしたり、料理をおすそ分けする約束をするなどです。

ひとりだと、どうしても「今日はいっか」となってしまいますが、誰かを巻き込んで料理をする予定を作ることで、強制的に料理をする機会にしていきます。これを繰り返すことで、だんだんと料理にも慣れてきます。

人を招くことは、部屋の掃除のやる気にもつながるので一石二鳥ですね。月に一度は人を招いておうちパーティ、おすすめします。

料理のハードルを下げる

腰が重い一番の原因は、料理のハードルを上げすぎているということです。レシピサイトなどでは、料理が上手な人が、美味しそうに写真を撮り掲載しています。同じように初心者がいきなり難しい料理をしても、失敗して自信を無くしてしまうということがあります。

今、出来ていることは何かを把握して、無理のないステップを踏むことが大事です。

例えば、米を炊けるようになったら次は炊き込みご飯にチャレンジする。炊き込みご飯ができるようになったら、次はオムライスに挑戦してみる、といった感じでしょうか。

とにかく、今自分が何ができるかを知って、ちょっとだけ高度な挑戦を少しずつ続けてみましょう。

節約を楽しむ

料理は好きじゃないけど、貯金が好きな人にはこの方法がおすすめです。

自炊はかなり節約になります。料理をすることを目的にせずに、節約を目的にするのです。今月は料理でいくら節約できたかをモチベーションにします。お金が貯まることにやる気を見いだして、ついでに料理をしてみたというスタンスで挑みましょう。

まとめ

料理のモチベーションが上がらない主な原因は、

  • 料理が苦手
  • キッチンが狭い
  • 時間がない

です。

しかし、料理をすることによって、

  • 効率的な考え方が身につく
  • アピールポイントが増える
  • 節約、健康につながる

というメリットもあります。

モチベーションを上げる方法とは、

  • キッチンの環境を快適にする
  • 人と約束をする
  • 料理のハードルを下げる
  • 節約を強く意識する

などです。ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました