【購入レポ】鉄フライパンは手入れが大変?使ってみた感想とレビュー

鉄フライパン理想と現実 一人暮らし便利グッズ

結局、手入れ方法は何がいいの?

油返しを省くのと、洗剤を使わない、これはマニュアルには反していますが、ネット上で検索してみると結構同じような人がたくさんいました。やるやらないはご自身の判断でよいと思います。

気になったのは、使用済みの油をオイルポットに保存するということ。個人的には、油返しに使った油を、油返し用であろうと、再利用することには抵抗がある派です。

そして、最後の油を塗る行程ですが、水分を飛ばしてしっかり乾かせば、保管時に油は塗らなくてもよいと思います。なんだか周囲のホコリがつきそうだし、他の鍋とも重ねることはできません。これも、フライパンの種類によっては不要とかかれているものもありました。

ちなみに、使っているのはこれです。

色々検討した結果、手入れが簡単ということが決め手になり、こちらを購入しました。サイズも豊富でおすすめです。

結局、洗剤を使うor使わないは使ってみてからの個人の判断でよいかと思います。いづれにしろ、使い始めの油ならしは肝心だと感じました。

鉄フライパン洗いにおすすめのたわし

通常であれば他の鍋と同じように、あみたわしで洗っています。しかし、頑固な焦げ付きや汚れにはもう少し強力なたわしがよいでしょう。

たわし

よく見る茶色のたわし。多少力を入れてゴシゴシこすっても大丈夫でしょう。ある程度汚れを落としてから使わないと、たわしの内部に汚れが入り込んでしまうので、気を付けてください。

竹のささら

丈を細かくさいて束ねたもの。適度なコシと柔らかさで、程よく汚れを落としてくれます。

金属たわし

より頑固な汚れを落としてくれるのは、やはり金属製の強みです。表面になじんだ油を落としすぎてしまうことがあるので、気になる場合は次回に使う前に、油返しをしっかり行うと良いでしょう。

鉄フライパンの注意事項

鉄のフライパンを使うにあたって、やってはいけないことがあります。これらはしっかりと守ることをおすすめします。焦げ付いたり、汚れがとれにくい場合の対策も知っておきましょう。

食材を入れたままにしておくのはダメ

料理をしたあとに、すべて食べきらないときは、ついついフライパンの中に入れっぱなしにしてしまうこともありますよね。

しかし、これはNGです。料理の中にある塩分や酸が、鉄を浸食する可能性があります。最後にもうひと手間だけ、お皿やタッパーなどに移してください。

使用後は水分を飛ばしておく

使ったあとは、塗れたまま放置はNGです。錆びの要因になってしまいます。布巾でしっかりふき取るか、火にかけて水分を飛ばしてしまいましょう。時間もそんなにかからないので、私は火にかけて飛ばしています。

焦げ付いてしまったら

まずは、お湯を入れて煮立たせます。しばらくすると、焦げが柔らかくなって落としやすくなります。

汚れがこびりついてしまったら

取れにくい汚れは、一度、汚れを焼き切るという方法もあります。汚れの部分に火が当たるように熱して、煙がでなくなるまで加熱します。その後、フライパンが冷めてから、金属のヘラやたわしなどで削って汚れを取り除きます。

この作業を行った場合は、念のため焼き込みと油ならしをしておくことをおすすめします。

まとめ

鉄フライパンが気になっているけど、購入までのネックはお手入れという人も多いかと思います。実際にコーティング系フライパンから買い換えてみた感想は、鉄のフライパンはそこまで手間ではないということがわかりました。

洗剤で洗っちゃっていますし、油返しもしていません。傷を気にせずに、金属製のターナーや調理ハサミもガシガシ使えて快適です。

唯一変わったのは、入れる油の量です。

健康のため、油はできるだけ少なくしていましたが、鉄のフライパンは、最低でも大さじ1杯くらいは必要だと感じました。油を控える、スプレー式の油は無理そうです。

極論ではありますが、コーティング剤を食べるくらいなら、油を食べた方がマシということ、良質の油であれば、多少は摂取量が増えても大丈夫ということで、この問題は解決しました。

鉄のフライパン、思ったより簡単で快適です。フライパンの買い換えを検討している人には、ぜひおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました