Looopでんきの評判・口コミ|ループ電気への電力乗り換え方法まとめ

新電力の中でも人気な、Looopでんきについて紹介するサイトです。

各地域の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約をしている人は、新電力へ切り替えるだけで月々の電気代を安くできる可能性があります。

電力自由化が始まってからは、多くの人が自分にあったプランへ切り替えて電気代を安くしています。

ここでは、Looopでんきがどんなサービスなのか、どうやったら電気代を安く出来るのかをまとめます。

料金シミュレーションへ

スポンサーリンク

Looopでんきと電力自由化

2016年4月から電気の小売が全面自由化され、全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

これまでは東京電力や関西電力など限られた会社で扱われてきていた電力供給ですが、ここに新電力が加わることにより、選べる選択肢が増え、価格競争による低価格化も進みます。

消費者にとっては嬉しいですね。

そんな中、2018年3月時点でなんと10万件以上の申し込みがある人気の新電力がLooopでんきです。

サービスの供給先も沖縄・離島以外の全国展開となっていますので、ほとんどの地域の人は切り替え可能です。

Looopでんきの特徴とメリット

基本料金0円

従来の電力会社では契約アンペア毎に基本料金が設定されています。

基本料金とは電気を使用しなくても必ず料金です。

電力会社とアンペア数によって決まっていますが、Looopでんきではこの基本料金が0円です。

 東京電力Looopでんき
10A280円80銭0円
15A421円20銭0円
20A561円60銭0円
30A842円40銭0円
40A1,123円20銭0円
50A1,404円00銭0円
60A1,684円80銭0円

基本料金が0円なので、使用量と契約アンペアが適切かどうかを考える必要がありません。

  • 小さいアンペアで契約すると、使いすぎた時にブレーカーが落ちる
  • 大きいアンペアで契約すると、全然使ってない月でも料金が高い

このような心配をしなくてもよいシンプルな料金設定です。

従量制のシンプルな料金プラン

Looopでんきは使った分だけのシンプルな料金プランです。

従来の電気会社のプランは料金が段階制なので非常にわかりづらいものでした。

東京電力の電気量料金
使用電気量1kWhあたりの料金
〜120kWh19円52銭
120kWh〜300kWh26円00銭
300kWh〜30円02銭

これだと、請求が来るまでいくらになるのかがわかりません

Looopでんきは料金が一律で決まっているので、単純に料金単価×使った量で電気代が決まります。

エリア従量料金
北海道電力29円(税込) / kWh
東北電力26円(税込) / kWh
東京電力26円(税込) / kWh
中部電力26円(税込) / kWh
北陸電力21円(税込) / kWh
関西電力22円(税込) / kWh
中国電力24円(税込) / kWh
四国電力24円(税込) / kWh
九州電力23円(税込) / kWh

エリアによって従量料金が決まっているので、あとはこれに使った電気の量(kWh)をかければ電気料金がわかります。

コンセントを抜いたり、電気をコマメに消したり電気代の節約に努めている人であれば、シンプルに努力の結果が料金と比例する点も嬉しいですよね。

ネット・アプリで電気使用量が見える

looopでんきアプリ

https://looop-denki.com/

電気の使用量はLooopでんきのマイページやアプリにで確認ができます。

30分毎に確認が出来るのでほぼリアルタイムで使用状況が見られるのは素晴らしいですね。

今月は使いすぎかも!みたいな感じでその場でわかります。

契約期間の縛り・解約金がない

新たな契約ごとをするにあたって気になるのが、契約期間や解約に関してですね。

Looopでんきは供給開始から1年契約の自動更新となります。

解約・契約解除のときも解約金は発生しないので安心です。

もし、将来的にLooopでんきから他の電力会社へ変更したくなったときも、Looopでんきには特に連絡することなく変更できます。

関連 Looopでんきのメリットをもっと詳しく

Looopでんきで料金シミュレーション

looop電気料金シミュレーション

looop電気では申し込み前に料金のシミュレーションをすることが出来ます。

電気ご使用量のお知らせ(検針票)を用意
シミュレーションページにて以下の内容を入力するだけで料金の目安が確認できます。
  • 利用中の電力会社
  • 電力プラン
  • 契約電力
  • 対象月
是非シミュレーションで電力が安くなるか確認してみてください。もし安くなるようだったら早めに切り替えてしまった方がお得ですよね。
 

料金シミュレーションへ

Looopでんきの評判・口コミ

インターネット、各種SNSにてLooopでんきの評判を探してみました。

Twitter・Instagram・ブログなど色々見て回りましたが、「安くなった」という口コミがたくさんでてきます。

かなり幅広い環境において節約になるようです。

関連 Looopでんきの口コミをもっと見る

料金シミュレーションへ

Looopでんきのデメリット・注意点はある?

申し込みはインターネットのみ

申し込み方法はインターネットのみです。

電話や書面での申し込みは受け付けていません。

ただ、このページを見ていただいている人であれば誰でも簡単に申し込みできますのでそれほど問題ないですね。

支払い方法はクレジットカードのみ

電気料金の支払いはクレジットカードのみとなっています。

コンビニ払いや銀行振込などには対応していません。

もし、現在クレカ以外の支払い方法を使っているなら、この機会にクレジットカード払いにしてしまいましょう。

以下のクレジットカードが利用できます。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • DinersClub
  • JCBカード

スマートメーターの設置

Looopでんきを利用するにはスマートメーターの設置が必要です。

まだ自宅の電気メーターがスマートメーターに切り替わってない場合は、原則無料で切り替えが行われます。

メーターを設置するときに、設備や建物自体の工事が必要になるなど例外時のみ費用負担が生じる場合はあります。

普通にメーターを取り替えるだけであればお金はかかりません。

料金が変更になる可能性はある

一律の料金がメリットのLooopでんきですが、料金が今後絶対に変わらないということではありません。

一企業が提供しているサービスですので、将来的に料金が変更になる可能性はゼロではありません。

ただし、今のところ値段が変更になる情報はありませんし、最悪料金が不満になったときは解約金など不要でいつでも電力会社を変更できます

今安くなるなら切り替えてしまった方がいいでしょう。

検針票はなく、ウェブ明細を確認する

検針票(ポストに入れられる電気料金の明細のやつ)が発行されません。

料金明細などはWEBページ・アプリで確認する必要があります。

請求書の印刷も可能です。

一人暮らしは安くならない可能性がある

一人暮らしなど、元々の電気使用量・電気料金が少ない人の場合はLooopでんきに切り替えても安くならない場合があります。

どちらかというとファミリー向けのサービスと言えそうです。

ただし、人それぞれ電気量は異なるので、シミュレーションをして料金の確認をしてから申し込んだ方が良いですね。

関連 Looopでんきのデメリットを詳しく

選べるおうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン

Looopでんきには、利用目的別に複数の料金プランが用意されています。

おうちプラン一般家庭向け
ビジネスプラン事務所・商店向け
動力プラン事務所・商店の動力向け

一般のご家庭(5〜60Aで使用)であればおうちプランが該当します。

関連 Looopでんきおうち/ビジネスプランの詳細

Looopでんきの申し込み方法

WEBで24時間いつでも申し込みができます。(PCでもスマホでも可)

現状の契約内容を入力する必要があるので「電気ご使用のお知らせ(検針票)」を用意して申し込みを進めて下さい。

申し込みの流れは以下。

  1. 重要事項を確認し同意
  2. 現状の契約情報の入力
  3. 申し込み者情報の入力
  4. 支払い情報入力(クレジットカード)
  5. 内容を確認し完了

5〜10分もあれば申し込みできますね。

申込後、供給開始日がメールで届きます。

基本的には、次回の検診日で切り替わりLooopでんきの供給が始まります。簡単!

では、さっそくLooopでんきに切り替えて電気代を節約してください。

関連 Looopでんき申し込み方法

Looopでんき申し込みページへ

電力自由化について詳しく

電力自由化の流れ

電力自由化は正確に言うと「電力の小売全面自由化」です。

これまでは東京電力・関西電力のような各地域のの電力会社だけしか、電気を販売することができませんでした。

電力の小売は自由化が始まったのは2000年ですが、一般家庭において電力会社を選べるようになったのが2016年です。

これにより、様々な事業者が電気の小売事業に参入し、消費者側で電力会社を選べるようになったのが電力自由化の流れです。

多くの事業者の参入によって、これまで無かった競争がうまれ、電気料金の低価格化やサービスの充実など、消費者にとって嬉しい変化が広まっています

選べる小売電気事業者

2018年4月現在、登録小売電気事業者は450以上あります。

この中から好きな事業者を選んで、電気の契約をしてもいいということです。

これらの事業者のうち、一般家庭への電気販売を行っているのが約110件ほどです。

ただし、特定地域でしか提供していない事業者もあります。

全国(一部地域をのぞく)で一般家庭向けに電気販売をしている事業者に絞ると以下の8事業者となります。

事業者販売エリア
株式会社F-Power沖縄県を除く全国
ミツウロコグリーンエネルギー株式会社沖縄県を除く全国
株式会社Looop沖縄県を除く全国
株式会社エコスタイル北海道・沖縄県を除く全国
株式会社イーエムアイ沖縄県を除く全国
株式会社ミツウロコヴェッセル沖縄県を除く全国
株式会社パネイル沖縄県を除く全国
フラワー電力株式会社沖縄県・一部離島を除く全国
※2018年5月 資産エネルギー庁を参考

事業者はたくさんありますが、多くの事業者は大規模施設向けの販売しかしていません

一般家庭向けには販売していないか、販売予定はあるけれどもまだ準備中がほとんどです。

また、各地域別に電力会社のサービスを比較検討する方法もありますが、400以上の事業者から自分にあった事業者を探して見つけるのは現実的に厳しいです。

全国展開している上記の8事業者から選ぶのが現実的になります。

この中で、もっとも一般家庭向けの電力販売を積極的に行っているのがLooopでんきです。

実際に2018年現在で10万件以上の家庭がLooopでんきへ切り替えの申し込みを行っている人気の事業です。

  • 一般家庭への提供
  • 全国に対応
  • 10万件以上の実績

初めて新電力と契約するのであれば、Looopでんきから始めることを当サイトでは推奨しています。

株式会社Looopの概要

株式会社Looopの概要

会社名株式会社Looop(ループ)
Looop Inc
設立日2011年4月4日
事業内容代表取締役社長 中村創一郎
資本金太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
電力の買取、卸売、小売
自社発電所の開発・運営
独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
風力発電システムの開発・販売・設置・管理
自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
損害保険代理店事業(三井住友海上火災保険株式会社)
本社〒110-0005
東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階

会社沿革などの詳細はLooopでんきのサイトに記載があります。

 

タイトルとURLをコピーしました