Looopでんきの評判・口コミ|ループ電気への電力乗り換え方法まとめ

新電力の中でも人気な、Looopでんきについて紹介するサイトです。

各地域の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約をしている人は、新電力へ切り替えるだけで月々の電気代を安くできる可能性があります。

電力自由化が始まってからは、多くの人が自分にあったプランへ切り替えて電気代を安くしています。

ここでは、Looopでんきがどんなサービスなのか、どうやったら電気代を安く出来るのかをまとめます。

料金シミュレーションへ

  1. Looopでんきと電力自由化
  2. Looopでんきの特徴とメリット
    1. 基本料金0円
    2. 従量制のシンプルな料金プラン
    3. ネット・アプリで電気使用量が見える
    4. 契約期間の縛り・解約金がない
  3. Looopでんきで料金シミュレーション
  4. Looopでんきの評判・口コミ
    1. 5か月で8446円の節約
    2. (現電力の)解約金かかっても元が取れるくらい安い
    3. 関西電力より2000円安い
    4. アパート暮らしでも安くなった
    5. 前年同月比マイナス3101円になった。元々電気代が高い人ほど恩恵がある
    6. 19724円→11111円に
    7. 北海道電気と比べて3か月で9000円減
    8. 3月の電気代たった1304円
    9. 東電1606円→Looop1016円
    10. Looop切り替え初月、前月からマイナス7000円
    11. 切り替え手続き10分で安くなる
    12. アンペア変更・ブレーカー落ちを気にする必要がない
    13. お店の電気代も安くなった
    14. 家を空ける時間が多ければ基本料金0円が効果を発揮する
    15. Looopでんき口コミ評判まとめ
  5. Looopでんきのデメリット・注意点|申し込み前の注意点と対処方法
    1. 沖縄・離島の人は使えない
    2. 必ず安くなるわけではない
    3. 料金改定する可能性
    4. 申し込みがWEBのみ
    5. 支払い方法がクレジットカードのみ
    6. 利用明細の確認はWEBから
    7. キャンペーンは少ない
    8. セット割引
    9. ポイント制度
    10. スマートメーター設置
    11. looopでんき(ループ電気)のデメリットまとめ
  6. 選べるおうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン
  7. Looopでんきの申し込み方法
  8. 電力自由化について詳しく
    1. 電力自由化の流れ
    2. 選べる小売電気事業者
  9. 株式会社Looopの概要
  10. Loopでんきはマンション・賃貸でも契約できる
    1. マンションの契約内容を確認する方法
    2. マンション・アパートでLooopでんきに申し込む場合の注意点はある?
    3. マンション・アパートでもLooopでんきで安くなる?

Looopでんきと電力自由化

2016年4月から電気の小売が全面自由化され、全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

これまでは東京電力や関西電力など限られた会社で扱われてきていた電力供給ですが、ここに新電力が加わることにより、選べる選択肢が増え、価格競争による低価格化も進みます。

消費者にとっては嬉しいですね。

そんな中、2018年3月時点でなんと10万件以上の申し込みがある人気の新電力がLooopでんきです。

サービスの供給先も沖縄・離島以外の全国展開となっていますので、ほとんどの地域の人は切り替え可能です。

Looopでんきの特徴とメリット

基本料金0円

従来の電力会社では契約アンペア毎に基本料金が設定されています。

基本料金とは電気を使用しなくても必ず料金です。

電力会社とアンペア数によって決まっていますが、Looopでんきではこの基本料金が0円です。

 東京電力Looopでんき
10A280円80銭0円
15A421円20銭0円
20A561円60銭0円
30A842円40銭0円
40A1,123円20銭0円
50A1,404円00銭0円
60A1,684円80銭0円

基本料金が0円なので、使用量と契約アンペアが適切かどうかを考える必要がありません。

  • 小さいアンペアで契約すると、使いすぎた時にブレーカーが落ちる
  • 大きいアンペアで契約すると、全然使ってない月でも料金が高い

このような心配をしなくてもよいシンプルな料金設定です。

従量制のシンプルな料金プラン

Looopでんきは使った分だけのシンプルな料金プランです。

従来の電気会社のプランは料金が段階制なので非常にわかりづらいものでした。

東京電力の電気量料金
使用電気量1kWhあたりの料金
〜120kWh19円52銭
120kWh〜300kWh26円00銭
300kWh〜30円02銭

これだと、請求が来るまでいくらになるのかがわかりません

Looopでんきは料金が一律で決まっているので、単純に料金単価×使った量で電気代が決まります。

エリア従量料金
北海道電力29円(税込) / kWh
東北電力26円(税込) / kWh
東京電力26円(税込) / kWh
中部電力26円(税込) / kWh
北陸電力21円(税込) / kWh
関西電力22円(税込) / kWh
中国電力24円(税込) / kWh
四国電力24円(税込) / kWh
九州電力23円(税込) / kWh

エリアによって従量料金が決まっているので、あとはこれに使った電気の量(kWh)をかければ電気料金がわかります。

コンセントを抜いたり、電気をコマメに消したり電気代の節約に努めている人であれば、シンプルに努力の結果が料金と比例する点も嬉しいですよね。

ネット・アプリで電気使用量が見える

looopでんきアプリ

https://looop-denki.com/

電気の使用量はLooopでんきのマイページやアプリにで確認ができます。

30分毎に確認が出来るのでほぼリアルタイムで使用状況が見られるのは素晴らしいですね。

今月は使いすぎかも!みたいな感じでその場でわかります。

契約期間の縛り・解約金がない

新たな契約ごとをするにあたって気になるのが、契約期間や解約に関してですね。

Looopでんきは供給開始から1年契約の自動更新となります。

解約・契約解除のときも解約金は発生しないので安心です。

もし、将来的にLooopでんきから他の電力会社へ変更したくなったときも、Looopでんきには特に連絡することなく変更できます。

Looopでんき(ループ電気)のメリットは?おすすめポイント10個
Looopでんきは2018年3月で10万件以上の家庭が申し込んでいる人気の電力です。 電力自由化が始まってから、様々な新電力サービスが始まりましたが、なぜこんなにもLooopでんきが選ばれるのか。 従来の大手電力会社や他の新電力と比べて...

Looopでんきで料金シミュレーション

looop電気料金シミュレーション

looop電気では申し込み前に料金のシミュレーションをすることが出来ます。

電気ご使用量のお知らせ(検針票)を用意
シミュレーションページにて以下の内容を入力するだけで料金の目安が確認できます。
  • 利用中の電力会社
  • 電力プラン
  • 契約電力
  • 対象月
是非シミュレーションで電力が安くなるか確認してみてください。もし安くなるようだったら早めに切り替えてしまった方がお得ですよね。
 

料金シミュレーションへ

Looopでんきの評判・口コミ

インターネット、各種SNSにてLooopでんきの評判を探してみました。

Looopでんきを使っている人の口コミをこちらにまとめます。

切り替えを検討している人は参考にしてください。

5か月で8446円の節約

(現電力の)解約金かかっても元が取れるくらい安い

関西電力より2000円安い

アパート暮らしでも安くなった

前年同月比マイナス3101円になった。元々電気代が高い人ほど恩恵がある

19724円→11111円に

北海道電気と比べて3か月で9000円減

3月の電気代たった1304円

東電1606円→Looop1016円

Looop切り替え初月、前月からマイナス7000円

切り替え手続き10分で安くなる

アンペア変更・ブレーカー落ちを気にする必要がない

前からちょっと気になっていたことが、今日解決できた。

電気が40Aになっている、そんなに使わないから早く、変えてもらわないと。

朝になるとすぐ忘れるのよね。

やっとLooopでんきに電話してみた。

「基本料金はなく、10~60Aまで同じですから」だって。

じゃ40Aのままで、ブレーカー落ちを気にすることなく、電気を使いましょ。

引用 :https://ameblo.jp/

お店の電気代も安くなった

3月のお店の電気代が出ました

675kwh

関西電力で 20,735円

looopでんきだと 17,415円

その差 3,320円

やっぱり安くなりますね
looopでんきは 契約しても縛りがないので 変えたかったらすぐに替えれます

夏以降 関西電力が値下げするって言ってますが その時になればlooopでんきも値下げに踏み切ると思います

節約家の方は 1日でも早く切り替えすることをお勧めします

引用 :https://ameblo.jp/

家を空ける時間が多ければ基本料金0円が効果を発揮する

トランクルームも考えたのですが、どうせなら一時帰国時に滞在もできるようにと小さなワンルームを借りました。〜略〜

でも一時帰国時に手間なく使うには電気と水道の契約を維持しておくことが必要。

水道はインターネットで使用開始・中止の手続きが可能なので、一時帰国に合わせて小まめに手続き。日本の水道料金は基本料金が高いので、あまり節約にはなりませんが、半月を超える期間を停止すると基本料金が半額になります。

問題は電気で契約アンペアを下げるくらいしか方法がありませんでしたが、ここにきて電力自由化により選択肢が増えました。

いくつもある電力会社を調べていくと、唯一基本料金無料の電力会社が!

Looopでんき。〜略〜

日本で普通に暮らしていれば電気を全く使わない家庭はないので、あまり話題になっていないようですが、海外生活がメインなら、とても割安になります。

引用 :https://ameblo.jp/

Looopでんき口コミ評判まとめ

一通りの情報を探して見ました。

中には月100円〜200円の節約と変化が少ない人もいましたが、切り替えた人は安くなったという口コミばかりでした。

口コミをまとめると以下のような意見が多いです。

  • とにかく大手電力会社より安くなることがほとんど
  • 元々の電気代が高い人ほど節約になる
  • アパートや単身でも安くなるケースあり
  • 家を空ける時間が多い人は基本料金0円が効く

電気の使い方は各家庭で様々ですが、かなり幅広い環境においてLoopへの切り替えが節約につながっているようです。

Looopでんきのデメリット・注意点|申し込み前の注意点と対処方法

Looopでんきに申し込む前に一応デメリットが無いかどうか気になる人もいるかもしれませんね。

結論から言うと、ほとんどデメリットというデメリットはありません。

たまたま環境が合わなかったり、考えようによってはデメリットと言えるかな?程度のものです。

現状で考えられる注意点を一通り全部まとめて、対処法があるものはそれも記載します。

ここを見て問題ないようであれば、申し込まない理由はなくなりますのでさらっと見てください。

沖縄・離島の人は使えない

Looopでんきの供給エリアは沖縄・離島をのぞく全国となっています(2018年5月)。

沖縄か離島にお住まいの方は、現時点では残念ながら諦めるしかありません。

これだけはどうしようもありません。

必ず安くなるわけではない

Looopでんきに切り替えて100%電気代が安くなるかというと、そうではありません。

特定の条件の方はほとんど料金が変わらなかったり、逆に高くなる場合もあります。

  • 低アンペアで契約していて電気料金が安い人
  • 電気の使用量が少ない人
  • 安い夜間電力をメインで使用している人 など

ただ、このような環境であっても、実際に切り替えてみないことには結果はわかりません。

Looopが用意しているシミュレーションで目安の料金を算出してから申し込みましょう。

実際は、ほとんどの環境の方で安くなったという口コミが多いです。

料金改定する可能性

looopでんき料金が変わる

https://looop-denki.com/low-v/

Looopでんきはエリア毎に一律の料金を設定していますが、これらの料金が変更になる可能性はゼロではありません。

ただ、料金変更の可能性はLooopでんきに限らず、どこの電力会社にも言えることですので無用な心配でしょう。

現時点では価格変更の情報などは一切ありません。

いつ来るか分からない心配をしながら、高い料金を払い続ける方がよっぽど損です

今安くなるなら切り替えて安くしてしまった方が利口です

申し込みがWEBのみ

電話・書面・店頭などでの申し込みは受け付けられていません。

インターネットが苦手な高齢者などは申し込みが出来ない人もいるかもしれませんね。

ただ、パソコンでなくスマホからでも申し込みできます。

少なくともこのページを見て頂いているあなたであれば簡単に申し込めます。

申し込みをインターネットに限定することによるコスト削減が、電気代の安さにつながっている部分もあるはずです。

10分程度で手続きは終わりますので、気軽に申し込んでしまってください。

支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

直接の振込やコンビニ振込みには対応していません。

支払い方法に関しては他に対応方法はありませんので、Looopでんきに申し込めるのはクレジットカードが利用できる人のみとなります。

これも支払い方法を限定してコストを下げることで電気代の削減につながっていると考えると納得できますよね。

以下のクレジットカードが利用できます。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • DinersClub
  • JCBカード

利用明細の確認はWEBから

Looopでんきに切り替えると検針票が発行されなくなります。

電気の使用量はWEBページやアプリなどで確認することになります。

Looopでんきアプリ

Looopでんきアプリ

株式会社Looop無料posted withアプリーチ

請求書についてはマイページから印刷することができます。

キャンペーンは少ない

「今申し込めば◯◯プレゼント!」のようなキャンペーンがLooopでんきは少ないかもしれません。

一番最近のものであれば、2018年4月まで新生活応援キャンペーンを行っていました。

さほど頻繁にキャンペーンは開催されていないようです。

ただ、逆に考えればLooopでんきはキャンペーンを打つ必要が無いということですよね。

キャンペーンは消費者を呼び込むためのものです。

これをやらないということはわざわざキャンペーンをやらなくても、どんどん申し込みが増えている人気のサービスという裏付けではないでしょうか。

2018年3月時点で10万件も申し込まれているLooopでんきです。

一時的なキャンペーンに左右されてサービスを選ぶより、ちゃんと毎月安くなるサービスを選んだほうが賢いですよね。

セット割引

新電力の中には電力以外のサービスとセットで利用することで、割引が適用されるものもあります。

  • ガス
  • スマホ
  • 光回線
  • ガソリンスタンド
  • スーパー など

「◯◯のサービスと一緒に使うのであれば、合わせて◯円安くなりますよ」というものですね。

Looopでんきにはこのようなセット割引はありません。

生活スタイルがセット割引にぴったり合うのであれば、トータルとしてLooopより安くなる人もいるかもしれません。

ただし、セット割引のデメリットもあります。

それは、セットとなるサービスも使わないと意味が無いし、使い続ける必要があるということ。

現時点で自分の生活にぴったりなセット割引をみつけても、生活環境などが変われば割引がお得では無くなるリスクもあります。

サービスを変更するにも色々面倒ですよね。

やはり、シンプルに電気代を安くするという目的であればLooopでんきの方が分かりやすいですし、切り替えの手間もありません

ポイント制度

ポイント制度とは、そのサービスを使用することでポイント還元があるもの。

  • 楽天ポイントで還元
  • Tポイントで還元
  • ポンタで還元 など

こういったポイント還元の仕組みはLooopでんきにはありません。

んー、でも個人的にはポイントで還元されるより、最初からポイントの分だけ料金が安くなっているサービスの方が良いと思います。

特に気にする必要はないでしょう。

スマートメーター設置

Looopでんきを利用するにはスマートメーターの設置が必要です。

looopでんきスマートメーター

https://looop-denki.com/low-v/

家庭によって、既にスマートメーターになっている建物もあれば、まだ設置されていない建物もあります。

ただし、消費者側が特別何かすることはありまえん。

もし、スマートメーターへの取替が必要な場合は、申し込み後に工事のスケジュールが知らされて勝手に交換してくれます。

交換の時に、一時的に停電になる(5〜15分程度)場合があります。このくらいなら問題ありませんよね?

取替費用も原則無料となっていますので、出費はかかりません。

looopでんき(ループ電気)のデメリットまとめ

ほとんどの家庭にとってはデメリットと言えるほどのデメリットは無いはずです。

乗り換えることで、もし月に1000円安くなるとしたら、申し込みが遅れる分毎月1000円ずつ損をしていることになります。

半年前に申し込んでればすでに6000円くらい浮いてたかもしれないですよね。

唯一のデメリットと言えば「もっと早く知ってれば良かった!」くらいではないでしょうか。

解約金もかかりませんので、そこまで深く心配する必要はないはずです。

ここを読んで、特に問題なさそうであればさっと切り替えて節約を始めましょう。

選べるおうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン

Looopでんきには、利用目的別に複数の料金プランが用意されています。

おうちプラン一般家庭向け
ビジネスプラン事務所・商店向け
動力プラン事務所・商店の動力向け

一般のご家庭(5〜60Aで使用)であればおうちプランが該当します。

Looopでんき(ループ電気)おうちプラン・ビジネスプランの違い
Looopでんきに用意されている料金プランに関しての解説です。 簡単にまとめると以下の通りです。 おうちプラン 一般家庭向け ビジネスプラン 事務所・商店向け 動力プラン 事務所・商店の動力向け ...

Looopでんきの申し込み方法

WEBで24時間いつでも申し込みができます。(PCでもスマホでも可)

現状の契約内容を入力する必要があるので「電気ご使用のお知らせ(検針票)」を用意して申し込みを進めて下さい。

申し込みの流れは以下。

  1. 重要事項を確認し同意
  2. 現状の契約情報の入力
  3. 申し込み者情報の入力
  4. 支払い情報入力(クレジットカード)
  5. 内容を確認し完了

5〜10分もあれば申し込みできますね。

申込後、供給開始日がメールで届きます。

基本的には、次回の検診日で切り替わりLooopでんきの供給が始まります。簡単!

では、さっそくLooopでんきに切り替えて電気代を節約してください。

Looopでんき申し込みページへ

Looopでんき(ループ電気)の申し込み方法・切り替えの流れ
Looopでんきは、パソコンからでもスマホからでも簡単に5分もあれば申し込みが完了します。 申し込みページの案内に従っても、問題なく申し込みできます。 申し込みの流れが不安な方はご覧ください。

電力自由化について詳しく

電力自由化の流れ

電力自由化は正確に言うと「電力の小売全面自由化」です。

これまでは東京電力・関西電力のような各地域のの電力会社だけしか、電気を販売することができませんでした。

電力の小売は自由化が始まったのは2000年ですが、一般家庭において電力会社を選べるようになったのが2016年です。

これにより、様々な事業者が電気の小売事業に参入し、消費者側で電力会社を選べるようになったのが電力自由化の流れです。

多くの事業者の参入によって、これまで無かった競争がうまれ、電気料金の低価格化やサービスの充実など、消費者にとって嬉しい変化が広まっています

選べる小売電気事業者

2018年4月現在、登録小売電気事業者は450以上あります。

この中から好きな事業者を選んで、電気の契約をしてもいいということです。

これらの事業者のうち、一般家庭への電気販売を行っているのが約110件ほどです。

ただし、特定地域でしか提供していない事業者もあります。

全国(一部地域をのぞく)で一般家庭向けに電気販売をしている事業者に絞ると以下の8事業者となります。

事業者販売エリア
株式会社F-Power沖縄県を除く全国
ミツウロコグリーンエネルギー株式会社沖縄県を除く全国
株式会社Looop沖縄県を除く全国
株式会社エコスタイル北海道・沖縄県を除く全国
株式会社イーエムアイ沖縄県を除く全国
株式会社ミツウロコヴェッセル沖縄県を除く全国
株式会社パネイル沖縄県を除く全国
フラワー電力株式会社沖縄県・一部離島を除く全国
※2018年5月 資産エネルギー庁を参考

事業者はたくさんありますが、多くの事業者は大規模施設向けの販売しかしていません

一般家庭向けには販売していないか、販売予定はあるけれどもまだ準備中がほとんどです。

また、各地域別に電力会社のサービスを比較検討する方法もありますが、400以上の事業者から自分にあった事業者を探して見つけるのは現実的に厳しいです。

全国展開している上記の8事業者から選ぶのが現実的になります。

この中で、もっとも一般家庭向けの電力販売を積極的に行っているのがLooopでんきです。

実際に2018年現在で10万件以上の家庭がLooopでんきへ切り替えの申し込みを行っている人気の事業です。

  • 一般家庭への提供
  • 全国に対応
  • 10万件以上の実績

初めて新電力と契約するのであれば、Looopでんきから始めることを当サイトでは推奨しています。

株式会社Looopの概要

株式会社Looopの概要

会社名株式会社Looop(ループ)
Looop Inc
設立日2011年4月4日
事業内容代表取締役社長 中村創一郎
資本金太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
電力の買取、卸売、小売
自社発電所の開発・運営
独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
風力発電システムの開発・販売・設置・管理
自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
損害保険代理店事業(三井住友海上火災保険株式会社)
本社〒110-0005
東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階

会社沿革などの詳細はLooopでんきのサイトに記載があります。

Loopでんきはマンション・賃貸でも契約できる

Looopでんきはマンションやアパートでも申込みできます。

以下はLooopでんきのよくある質問です。

looopでんき賃貸マンション・アパート

  • マンションでも電力会社と個別に契約している場合は申し込み可能
  • マンション単位で一括受電契約をしている場合は申し込みできない

マンションやアパートの賃貸料金に光熱費が含まれているような場合は、マンションが一括契約をしているので、個別にLooopへ変更はできないということですね。

一般的には、部屋個別で電力会社と契約をしているケースが多いかと思います。

部屋を借りる時に電力会社へ連絡をして契約し、その後電気の明細(検針票)が届いて自分で料金を支払っている場合は個別契約のはずです。

この場合はLooopでんきへ申し込みできます。

マンションの契約内容を確認する方法

電気使用量のお知らせ(検針票・領収書)が手元にある場合は、部屋ごとに個別契約となっているはずです。

そのまま、検針票を見ながらLooopの料金シミュレーションを行って下さい。

もし、不安な人は料金明細等に記載のある電力会社へ連絡して、契約内容を確認しましょう。

電力会社の連絡先なども全くわからない人は、マンション・アパートの管理会社や大家さんへ確認すればわかります。

もしくは、賃貸の契約書に記載があるはずなので、内容を見てみましょう。

マンション・アパートでLooopでんきに申し込む場合の注意点はある?

Looopでんきに申し込む場合は、消費者とLooopでんきとの契約になりますので、管理会社への報告や連絡は特に必要ありません。

あくまでも電力会社と消費者個人との関係だけです。

そのままLooopに申し込むだけで変更可能です。

Looopでんき以外に対応が必要なのは、現在契約しているアンペア数を変更したい場合のみです。

その場合は、先に現在の電力会社にアンペア数の変更をしてもらってから、Looopでんきへ申し込んでください。

マンション・アパートでもLooopでんきで安くなる?

マンションやアパート、一人暮らしなどでも電気代を安く出来ている人もたくさんいます。

Looopでんきは春先に新生活キャンペーンをやっていたこともあったので、賃貸の一人暮らしにも積極的に参入しているサービスと言えそうです。

しかしながら、普段の生活スタイルなどによって人それぞれの結果になってしまいますので、料金シミュレーションで確認してからの申し込みをおすすめします。

料金シミュレーションへ

  • 賃貸
  • マンション
  • アパート
  • 一人暮らし・二人暮らし

これらの環境でもLooopでんきに変更でき、実際に電気代を安くできている人はたくさんいます。

タイトルとURLをコピーしました