部屋探し・引越し・インテリアなどの一人暮らし情報

一人暮らしの季節

一人暮らしのお金・節約

【ビットコインの始め方】取引所の口座開設から買い方までのまとめ

投稿日:

スポンサーリンク

ビットコインを始めとする仮想通貨への投資が盛り上がっています。

僕の周りは仮想通貨への参加者がとても多く、仮想通貨の話や情報ばかりが流れてきてます。

ここでは、ビットコイン及びその他の仮想通貨を購入して保有出来るところまでを初心者向けにまとめます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを購入するには取引所の開設が必要

ビットコインを購入するためには、仮想通貨を取り扱っている取引所で口座を開設する必要があります。

これはビットコインに限らず、その他の仮想通貨も同じです。

  • ビットコインを使って買い物をしたい
  • ビットコインで長期投資をしたい
  • FXにチャレンジしたい

などなど、目的は人それぞれですが いずれにしても口座開設がスタートです。

これが終わらないと何も出来ません。

まずは国内の主要口座を開設

仮想通貨の取引所は国内外にいくつも存在します。

取引所によって扱えるコインの種類や価格が変わったりしますので、通常は複数の口座を作り目的によって使い分けます。

でないと、「買いたいコインが買えない」「やりたい取引が出来ない」となる場合があります。

とは言っても、何十種類もの口座を開くわけにも行きませんので、ここでは「取り敢えずこれらを開設しておけばだいたい事足りるだろう」という日本国内の取引所3つだけを紹介します。

国内主要取引所

コインチェック >> https://coincheck.com/
ビットフライヤー >> https://bitflyer.jp/

まずはこの3つを開設し、余裕や興味があれば後々に他の口座も開設してみる感じで大丈夫です。

僕は今のところこの3つしか口座を使っていません。

もし余裕があれば海外口座も

取引所は海外のものもあります。

ビットコインは世界共通の仮想通貨なので当然ですね。

冒頭に書いたように、取引所によって扱ってるサービスが違うので、目的によっては海外の口座を使って方がいい場合も出てきます。

「◯◯」というコインを買いたいけど、海外の◯◯取引所でないと買えないなどですね。

ただ、サイトに使われる言語やサポート英語だったりしますので、その辺は了承のうえ利用してください。

ここではビットコインに絞って話を進めるので、細かいところは省きます。

取り敢えず最初は国内口座だけで大丈夫です。

口座開設までの流れ

株やFXなど投資に慣れていない人は不安もあるかもしれませんが、口座開設までは別に1円もかかりませんので安心して進めてください。

大まかな流れとしてはどの取引所も同じです。

  1. メールアドレス・パスワードで取引アカウントを作成
  2. 本人確認資料の提出
  3. ハガキが届いたら完了

取引所によって微妙に異なりますが、だいたい「2.本人確認資料の提出」まで済めば、口座へ入金して仮想通貨を購入できるようになります。

ここまで10分くらいで終わるかと。

「3.ハガキの受取り」まで済めば、全ての機能や取引が使えるようになります。ハガキ到着までは数日間かかります。

では、コインチェックを例にだして口座開設の手順を書きます。

取引アカウント作成

開きたい取引所のページを開きます。

コインチェック >> https://coincheck.com/

zaif >> https://zaif.jp/

ビットフライヤー >> https://bitflyer.jp/

※どこの取引所もだいたい同じ流れなので1つやれば全部わかると思います。

コインチェックユーザー登録

メールアドレスとパスワードを入力して登録

アドレスとパスワードは忘れないように管理

すぐにメールが届きます。

コインチェック登録

確認して、登録したメールアドレスとパスワードでログインしてください。

これでアカウントの作成は完了です。

本人確認書類の提出

アカウント登録のあとログインしたら、指示に従ってアカウント情報を入力してください。

名前とか住所とかですね。

終わったら、本人確認資料の提出を行います。

指示に従い、運転免許証などの写真を送ります。

郵送でも可能ですが、写真を送るのが一番簡単で早いです。

※本人確認が終わらないと何も出来ないのでここまでしっかりやりましょう

ハガキの到着で口座開設は完了

本人確認資料の提出後、メールでハガキの発送などのお知らせが届くこともあります。

【Coincheck】ハガキを発送

万が一、本人確認資料の不備などあれば、再提出を求めるメールも届きますので、定期的にメールを確認したほうがいいですね。

ハガキが届けば口座解説完了です。

ちなみに、僕の場合はコインチェックのハガキが到着するまで10日でした。

簡易書類で届きますので、本人がサインをして受け取ります。

▼コインチェックのハガキ

コインチェック登録

コインチェックはこれで自動的に完了です。

▼Zaifのハガキ

zaifハガキ

Zaifの場合は、ハガキの中面に本人確認コードが記入されています。

これを本人確認ページへ入力することで本人確認が完了になります。

ビットコイン購入までの流れは?

本人確認が終わったら全ての機能が使えるようになります。

ただ、本人確認の資料の提出が終わった時点(ハガキ待ち)でも、ビットコインの購入が出来ますので先に入金など済ませてしまっても良いですね。

仮想通貨の口座にお金を振り込んでそれでビットコインを購入する方法と、クレジットカードで購入する方法とがあります。

それぞれの取引所のWEBサイトに購入方法の説明が用意されていますので、そちらを確認していただいた方がわかりやすいですね。

アカウント作成しログインした状態でなければ見られないページもあるので、場所の説明を置きます。

コインチェック:https://coincheck.com/

WEBサイトの下のメニューに「ビットコイン購入方法」とあります。

zaif:https://zaif.jp/

ヘルプのページ内の「入出金」に説明があります。

ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

 メニュー内に「クレジットカードで買う」「入出金」の項目があります。

口座開設・購入が完了したら

口座の開設手続きが完了したら、ハガキが届くまで数日間時間があります。

その間に、ビットコインを有効に使えるように基本的な知識を簡単に学んでおくことをおすすめします。

詳しい知識はやりながら頭に入れることになると思いますが、ベースの知識をざっくりでも入れておいた方がスムーズですね。

ここではおおまかな基礎知識だけを簡単に紹介します。

ビットコインの基礎知識

ビットコイン(仮想通貨)ってそもそもなんなの?

よくわからずに流行りに乗っかって買ってみたいという人もいるかもしれませんので、一応簡単に解説を。

実際によくわからず進められたまま買って利益を出している人もたくさんいますし(笑)

ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文から運用が開始された仮装通貨です。

一般的なお金(円とかドルとか)は国が管理していますが、仮想通貨に関してはお金を管理する中枢が存在せず、ネットワーク全体で信用を担保する形になっています。

ビットコインはお金です。電子マネーではありません。

日本が信用を担保しているお金が「円」。アメリカが管理しているのが「ドル」。

特定の管理者が存在しないのがビットコインです。

ただ中枢となる管理者が存在しないにもかかわらず、ブロックチェーンという仕組みで信用が担保されています。

ですので、ちゃんとお金として利用できる。

ここまでにします。

全部の説明になると「そもそもお金とは?」「暗号通貨って?」という話から、ブロックチェーンとい技術的な説明も始まるので終わりません。

もし詳しく知りたい方は、仮想通貨の書籍を一冊読んでみて下さい。

取引所と販売所

取引所と言ったり、販売所と言ったりしますね。

紹介した国内の取引所は販売所も兼ねています。

つまり、取引所としての機能も販売所の機能も持ち合わせているので、コインチェックとかビットフライヤーのことを取引所と読んでも販売所と読んでも差し支えありません。

では、何が違うの?ということになりますが、これはビットコインの売買の仕方の違いです。

コインチェックなどから直接ビットコインを購入する場合は販売所です。ビットコインの売店です。

対して、ユーザー同士で「いくらで買いたい」「いくらで売りたい」という取引で売買が成立するのが取引所です。株やFXをしっている人であれば板と言えば伝わるでしょう。

この辺も完全な初心者はやりながら覚えればOK。

特に深い知識が無くても、使い方だけわかればビットコインは買えるのでこの記事では割愛します。

ビットコインの使い方は?

ビットコインを買うのはいいけど、買ってどうするの?というところ。

使い方をいくつか。

ビットコインを送金する

ビットコインは個人間で送金することが出来ます。

通常、お金を送金するときはお互いの銀行口座に対して送金になります。

個人の間に銀行が仲介されていますよね。

これが、ビットコインでは銀行というものが存在しないので、個人間で直接送金できます。

じゃあ、送るビットコイン・送られたビットコインはどこに入るの?となりますが、これはウォレットというものが存在します。

パソコンやスマホの中にウォレット(銀行口座にあたるもの)を入れておくので、スマホ同士で直接送金ができるんですね。

こうして銀行などを介さずに直接送金ができるので、手数料がほぼ無料で済むのというメリットがあります。

他にも、銀行さんがよくやる送金できる時間帯とか金額とかの制限が全部無くなります。素晴らしい。

ビットコインで決済する

国内でもビットコインを決済に使えるお店が一部登場してきています。

対応しているお店であれば、会計のときにスマホに入れているウォレットからお店にビットコインを送金して支払い完了です。

有名なところだとビックカメラとか?

あと話題性のあるものが好きな一部飲食店などが対応しています。

現状は決済にビットコインを利用するケースはまだ少ないですが、今後が楽しみですね。

投資目的

現状、ビットコインを購入する人の目的はほとんどが投資です。

購入して、半年後一年後に値上がりするのを期待して持っておくのもよし。

短期で売買して利益を出しにいくもよし。

ここは個人の好みや目的によりますので人それぞれですが、楽しんでみてもいいかもしれません。

人類史上最大のバブルとか言われてます。

投資で資産が一億円を越える通称億り人(おくりびと)もすでに大量に生まれています。

というか10億とかそれ以上の人も結構いますしね。仮想通貨バブル凄い。

まとめ

ビットコインの始め方としては

  1. 口座開設
  2. 本人確認提出
  3. ハガキが届くまでの時間で色々調べておく
  4. ハガキが到着したら使う

こういう流れで進めれば、取り敢えずはビットコインを使い始められます。

その後は、投資で保有しておくもよし、売買して利益を追求してもよし、ビットコインで何か買い物をしてみるでもいいです。

では、投資は自己責任で。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-一人暮らしのお金・節約

Copyright© 一人暮らしの季節 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.